エヴァ・グリーンが“究極の魔性の女”を演じる

2014.12.18 17:37配信
『シン・シティ 復讐の女神』

フランク・ミラーとロバート・ロドリゲスがタッグを組んでメガホンをとった『シン・シティ 復讐の女神』でエヴァ・グリーンが魔性の女エヴァを演じている。男の心を巧みに操り、どんな男も魅了してしまう悪女だが、監督たちは「彼女が あまりに役に合っていたから、他の配役に注意が必要になった。でないと、他の役者がみんな彼女に食われてしまう」と心配したという。

その他の写真

本シリーズはミラーが原作を務めたグラフィック・ノベルを実写映画化した作品で、『…復讐の女神』では原作の中でも人気の高い2エピソードと、ミラーが映画のために書き下ろした2話で構成。グリーンのほか、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリスらが出演する。

自身の役どころを「殺してでも手に入れたくなるような究極の魔性の女」と分析するグリーンは「絶対手に入れたい女の役に選ばれていい気分になったわ。多面的な顔を持つ複雑な女性の役だから、演じるのも楽しかった」と語る。劇中でエヴァは、かつての恋人ドワイトの前に現れ、彼に想いを告げて助けを求める。グリーンは「エヴァはギリシャ神話の魔女セイレーンのようね。巧みに男を操り男の心を読むこともできる。男が望む女に変身できるの。でも、ドワイトとだけは本音で付き合ってる」と語るが、エヴァは魔性の女だ。油断はできない。

そんな彼女に翻弄されるドワイトを演じたのは実力派俳優のジョシュ・ブローリンで、エヴァの魅力に翻弄されながら、迷い続ける男の横顔を重厚な演技で表現した。「ずっとジョシュ・ブローリンの大ファンだったから、共演なんて夢のようだった。彼は情熱的な役者で顔の表情が豊かなの。退廃的な犯罪映画にぴったり合うわ。彼のキリリとした顔立ちがね。彼のような逸材と共演できてラッキーだったわ」。

グリーンは「2人の愛が成就する可能性はあるわ」と語っているが、監督たちは「どの男性にとっても彼女は高嶺の花であり、同時に最悪な悪夢のような女でもある」と語る。エヴァはなぜドワイトの前に再び現れたのか? エヴァは本当にドワイトを愛しているのか? それとも彼を陥れるための罠なのか? 公開が楽しみだ。

『シン・シティ 復讐の女神』
2015年1月10日(土)、TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング