イケメン男優の生き様を見る落語バトル!

2014.12.26 17:10配信
左から、林明寛、平野良、小谷嘉一  撮影:源 賀津己 左から、林明寛、平野良、小谷嘉一  撮影:源 賀津己

舞台を中心に活躍する実力派若手男優たちが、古典落語の演目を二人一組で掛け合うという全く新しいスタイルが人気の「ハンサム落語」。2013年にスタートしたこのシリーズの第五幕が来年2~3月に上演され、大阪、福岡でも公演を行う。初演から全シリーズ皆勤出演中の平野良、第三幕に続いて再登場の林明寛、初参加の小谷嘉一に話を聞いた。

「ハンサム落語 第五幕」チケット情報

「ハンサム落語」という題名や若手俳優たちの妖艶な着物姿のイメージビジュアルで、平野曰く「正直、色眼鏡で見られがち」な本シリーズ。だが一度観れば、その役者の全てがあらわになる、真剣勝負の場であることがわかるはずだ。

「余分な演出がないので、ごまかしようのない素材をお客様にただ観ていただくだけ。掛け合いなので、例えばひとりが1秒間を空けてしまったら空けた分だけの何かを回収しながら次に進まないといけないし。やっている最中はずーっとフル回転で、お互い回しながら演じているんです」(平野)

「本当に疲れます(苦笑)。動き回るわけじゃないのに、アクションを全力でやるぐらい頭が疲れて汗だくになる。生きてる!って感じがします、座布団の上で(笑)」(林)

初参加した前回で「この公演ならではの魔物を見た」という林は、今回初参加の小谷に「みっちり、稽古をした方がいい!」と切実なアドバイス。「前回僕はイベントみたいな感じかなと思っていたら準備も全然足りなくて完全にテンパって。今回はリベンジマッチとして気合入れて、でも空回らない程度に頑張ります!」。対して、下町育ちで幼い頃から落語に親しんでいたという小谷は、「普通の落語に対するイメージはあるんですけど、若い役者が掛け合いでやるこの『ハンサム落語』では独自のルールや世界観が生まれるのかなと。初めてなので怖いしもちろんプレッシャーもあるんですけど、ワクワクの方が強いですね。毎回毎回のライブ感を楽しんで、今の自分が出せる全てを出したい」と、穏やかに抱負を述べた。

第五幕では彼らを含む9人が登場(1公演につき2組4名ずつ)し、「出来心」「心眼」「一眼国」「八五郎出世」に挑戦する。「今回はほんとにシブい、役者バカなメンバーが揃いました。芝居寄り、オカズなしのがっつり落語寄り、関西風の笑いやパワー系など、ペアによってカラーも全然違いますし。“観て損はない”ってたぶんこのことだと思うんです。全部を賭けて出し切った、役者たちの生き様が見られます!」(平野)

公演は2月13日(金)東京・赤坂RED THEATEARを皮切りに、大阪、福岡で公演。チケット発売中。なお、さらに詳しいインタビューの全容はチケットぴあサイトに掲載。 (http://t2.pia.jp/interview/stage/hr2014.jsp)

取材・文:武田吏都

いま人気の動画

     

人気記事ランキング