世界最小のベビースマホが登場

シティが運営するキュレーションセールスのヴェルテは、中国・深センのAnicaテクノロジー製ベビーAndroidスマートフォン(スマホ)「Anica i8」の取り扱いを開始した。出荷開始は8月31日を予定。8月7日に予約受付を開始した。通常価格は税込1万5800円(送料込)で、8月15日まで早割特価として税込9800円(同)で販売している。

Anica i8は、サイズが高さ90×幅45×奥行7.9mm、重さが59g。2.54インチのTFTタッチパネル液晶を搭載し、3.5ミリオーディオ端子も装備している。カラーは、ブラック、ホワイト、ゴールドの3色を用意している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます