俳優、鈴木拡樹が舞台『最遊記』の意気込みを語る

2015.1.9 16:50配信
鈴木拡樹 (C)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2014 鈴木拡樹 (C)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2014

峰倉かずやの人気コミック『最遊記』シリーズを原作にした舞台『最遊記歌劇伝 -Burial-』が1月8日東京・シアターGロッソより開幕した。

【チケット情報はこちら】

同作は2008年に初上演。その後2009年にも上演され、昨年約5年ぶりに復活。玄奘三蔵役の鈴木拡樹、孫悟空役の椎名鯛造、ニィ健一の唐橋充は2008年から引き続き出演し、沙悟浄役の鮎川太陽、猪八戒役の藤原祐規は昨年の復活作より新たにキャストとして加わった。

今作では原作でも人気の高い、三蔵一行の過去を描く「埋葬編」を舞台化。三蔵の過去を描いた「三蔵の章」、三蔵と悟空の出会いを描いた「孫悟空の章」、沙悟浄と猪八戒の出会いを描いた「悟浄・八戒の章」の3章で構成されている。

鈴木拡樹は同作への意気込みについて「1か月以上かけてみんなで作り上げて、その過程で前回同様、たくさんの事を感じました。最遊記歌劇伝の方向性も今作で見えたんじゃないかと思っています。更により突っ走って、皆さんにより良いものを届けるために、最遊記歌劇伝という作品に対する愛は忘れずに、カラーは残しつつ前に進んでいければいいなと思います。見た方に次回も期待してもらえるような作品にしますので、ぜひともご来場ください」と語った。

舞台『最遊記歌劇伝 -Burial-』は1月12日(月・祝)まで東京・シアターGロッソ、1月23日(金)から25日(日)まで大阪・シアターBRAVA!で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング