「シエスタ」のニーズにも対応する

レイコップ・ジャパンの「ふとんコンディショナー レイコップ futocon」は、エイチ・アイ・エス(HIS)が運営するホテル「変なホテル」の一部店舗で採用された。

「ふとんコンディショナー」は、本体とエアマットで良質な睡眠を実現する新カテゴリの家電。今まで培ってきた睡眠への知見とテクノロジー、さまざまな専門家との共同研の声をもとに良質な睡眠へ導く、今までにない製品をつくりたいという医師の発想から誕生した。「寝具ケアモード」では120分の間、50℃以上の温風とレイコップが独自開発した「ホメスタイオン」で99.9%除菌し、寝具を清潔に保つ。

「変なホテル」は、さまざまなIoT製品やロボットなどを導入した新スタイルのホテル。3~5年後をメドに既存の国内・海外ホテルラインアップも含めて100店体制を目指している。今回、18年4月にオープンした「変なホテル東京 浜松町」に続き、「変なホテル東京 浜松町」「変なホテル東京 浅草橋」「変なホテル東京 赤坂」のシングルルーム、ツインルームの一部に導入した。

レイコップ・ジャパンでは、ふとんコンディショナーの発売を記念して、業務の効率と集中力をアップさせる「シエスタ(昼寝)」を公認する企業を募集している。応募期間は8月31日まで。事務局の審査を通った参加企業には、ふとんコンディショナーを無償で提供する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます