新エピソード満載!舞台『菊次郎とさき』が開幕

2015.1.13 18:10配信
舞台『菊次郎とさき』 舞台『菊次郎とさき』

ビートたけしの家族を描いた人気舞台『菊次郎とさき』が、1月3日に開幕。9日からは、東京・EX THEATER ROPPONGに会場を移し、上演をスタートした。

舞台『菊次郎とさき』チケット情報

同作は、ビートたけしが自身の少年時代を背景に両親を主人公にして描いた同名小説。2001年に放送されたドラマが人気となり、3度にわたり連続ドラマでシリーズ化。そして2012年、ペンキ職人の父・北野菊次郎(陣内孝則)、母・さき(室井滋)、隣に住む大工の谷口小五郎(梨本謙次郎)、その妻・かつゑ(濱田マリ)のドラマと同じキャストにより舞台で復活。今回が舞台版の第2弾となる。

今回は、ビートたけしが新たに提供したという、北野一家を巻き込んだ“東京オリンピック騒動”がベースとなった物語。時は東京オリンピックの開催が決まった5年前の昭和34年。日本中がオリンピック・フィーバーで盛り上がる中、北野一家が暮らす下町・足立区梅島にもその波が押し寄せる。道路の拡張工事の計画が持ち上がり、莫大な立ち退き料が入ることに。これで貧乏暮しから抜け出せると喜ぶが…。

口が悪くて意地っ張り、酒を飲んでは大暴れする、家族の中で浮いた存在である菊次郎と、そんな亭主に泣かされながらも、悪態をつき4人の子どもたちをしっかり育てるさき。10年以上にわたり夫婦役を務める陣内と室井の息はぴったり。子どもたちと祖母(音無美紀子)をも巻き込んだ歯に衣着せぬユーモアたっぷりの小気味良いやりとりが、会場を笑いの渦に。そんなドタバタ劇から一変、普段口には出さないが家族への愛情と絆が見える菊次郎とさきの情に満ちたシーンが、観る者をホロリとさせる。

また、全キャストによる歌やダンスも物語の中に散りばめられ、ミュージカルのような賑やかな演出も。さらに、ツービートの漫才さながらの客いじりや、世間を騒がせている時事ネタも盛り込んで、どこまでが台本なのかわからないようなやりとりも満載。陣内は、ここが見せ場とばかりモノマネメドレーも披露し、会場を沸かせた。

貧乏ながらも元気いっぱいにたくましく生きていた当時の日本の姿がここにある。2020年の東京オリンピック開催まで5年という同じ状況の中で、日本がなくしてしまった大切なものを北野一家が気づかせてくれる。

東京・EX THEATER ROPPONGは1月18日(日)まで。その後、兵庫、名古屋、福岡、岩手など、全国15都市で開催。チケット発売中。

取材・文:門 宏

いま人気の動画

     

人気記事ランキング