開幕1週間前にG大阪×浦和の因縁対決実現

2015.1.16 15:40配信
宇佐美貴史(ガンバ大阪) (C)J.LEAGUE PHOTOS 宇佐美貴史(ガンバ大阪) (C)J.LEAGUE PHOTOS

1月13日、対照的な新体制発表が行われた。『J1リーグ』、『ナビスコ杯』、『天皇杯』の3冠を制したガンバ大阪と、G大阪に大逆転を許しリーグ戦2位に甘んじた浦和レッズの話である。

FUJI XEROX SUPER CUP 2015 チケット情報

G大阪はベガルタ仙台からFW・赤嶺真吾、横浜F・マリノスから小椋祥平とともにユースから4人の昇格を発表したのに対し、浦和はサンフレッチェ広島のFW・石原直樹、大宮アルディージャのFW・ズラタン、柏レイソルのDF・橋本和ら11人の新加入選手を披露した。

補強状況は違えど、目指すものは同じだ。G大阪は『ACL』と『明治安田生命J1リーグ』のダブルを睨み、浦和は2006年以来となる2度目のリーグ戦制覇を見据える。今季も『明治安田J1』の優勝戦線をリードするであろう2クラブが、『FUJI XEROX SUPER CUP 2015』で激突。G大阪×浦和は、まさにシーズンを占う重要な試金石と言える。

今季から2ステージ制にリニューアルするのもミソだ。昨季、G大阪は序盤10試合で2勝3分5敗と出遅れたが、同じ轍は踏めない。序盤のつまずきは即『1stステージ』優勝戦線からの脱落を意味する。開幕戦の1週間前に開催される『FUJI XEROX SUPER CUP 2015』では、例年よりも高い完成度の戦いぶりを見ることができるだろう。事実、新体制発表の翌日には、G大阪も浦和も始動している。

選手たちのモチベーションはもっとシンプルだ。ただ目の前の試合に勝つことを、タイトルを取ることだけを考える。3冠の原動力となった宇佐美貴史も「やるからにはすべてのタイトルを狙う」と公言している。浦和の面々も思いは同じはずだ。『明治安田J1』開幕1週間前に、残り3試合で勝点1に終わった昨季の悪い流れを断ち切りたいところ。何よりも、第32節の直接対決で0-2と敗戦を喫した因縁の相手に再び負けるわけにはいかない。

『FUJI XEROX SUPER CUP 2015』を制するのは少数精鋭で今季さらなる野望にチャレンジするG大阪か、FWを重点的に補強し3度目の正直に挑む浦和か。2月28日(土)・G大阪×浦和・日産スタジアムのチケットは1月20日(火)午前11時まで先行抽選「プレリザーブ」受付中。1月25日(日)午前10時より一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング