ユナク&ケビン&チョンジが出演ミュージカルで会見

2015.1.21 15:55配信
前列左から、綿引さやか、ケビン、ユナク、チョンジ、愛加あゆ。後列左から、ソン・ジョンワン、松原剛志、シン・ジョンファ、ジュン、ヨンウォン 前列左から、綿引さやか、ケビン、ユナク、チョンジ、愛加あゆ。後列左から、ソン・ジョンワン、松原剛志、シン・ジョンファ、ジュン、ヨンウォン

2月に上演される韓国発のオリジナルミュージカル『ON AIR~夜間飛行~』の制作発表記者会見が1月20日、都内で行われ、主演(トリプルキャスト)のユナク(超新星)、ケビン(U-KISS)、チョンジ(TEENTOP)、ヒロイン役(ダブルキャスト)の綿引さやか、愛加あゆらが顔を揃えた。

ミュージカル『ON AIR~夜間飛行~』チケット情報

昨年6月に日本初演、約10000人を動員した人気作。解散の危機に陥ったアイドルグループ「SPARK」のリーダー、ジェイは再起をかけて日本のラジオ番組にDJとして出演。そこで番組のプロデューサーのアヤと出会う、というラブストーリー。ユナクと綿引は前回から引き続いての出演だ。

「毎回違うストーリーを感じることができる作品。ラジオ放送のシーンでは、その場でお客さんにツイートしてもらってやりとりしたり、お客さんと一緒にストーリーを作るシーンもある。SPARKのライブ・パフォーマンスの見せ場もたくさんあって、ほかのミュージカルにはない楽しさがあります」と舞台の魅力を語ったユナク。ライブのシーンでは観客も一緒にタオルやペンライトをふって、ライブ会場の観客を演じるため、SPARKオリジナルのライブ応援グッズも個数限定で会場で販売予定。綿引は「前回感じた作品の魅力を掘り下げて、国や言語の違いにとらわれずに、力を合わせるすばらしさ、理解し合えるすばらしさをもっとパワーアップして、みなさまにお届けできれば」と意気込みを話した。

ケビン、チョンジ、愛加は今回が初参加だが、ケビンは韓国版の出演経験あり。「『ON AIR』は5年ぶり。今度は全部日本語なので最初は心配していましたが、一生懸命勉強したので期待してください」とアピール。「難しいのはジェイが僕とは全然違うということ。ジェイは生意気で感情のままに行動する。僕はやさしい方なので、僕なりのジェントルで男らしい魅力的なジェイをお見せしたいです」とケビン。対照的にチョンジは「ジェイという役柄は僕と性格が似ている。無理に合わせなくても合っているんじゃないかなと思います。シックでかっこよくて女性にやさしいジェイを演じたい」とコメント。宝塚歌劇雪組の元娘役トップ愛加は退団後初のミュージカル。男性との共演について「宝塚の時も舞台に立った瞬間は男役は男性としてお芝居していたので稽古も迷いなくとりかかれました。それでもやっぱり本物の男性はたくましく男らしくて、毎日素敵な方に囲まれてお芝居できることに感謝しています」と話した。

会見には他に、キャストのジュン(U-KISS)、ヨンウォン(Apeace)、松原剛志、演出のソン・ジョンワン、総合プロデューサーのシン・ジョンファが出席。公演は2月5日(木)から2月12日(木)まで東京・Zeppブルーシアター六本木。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング