どこかでひっそりと営まれているバー「ボン・ジュディ」。マスターの矢島 真は新しいフードメニューを考案中なのですが……。

矢島「今年の夏は本当に暑かったですね…。うちのお店にも、お客様の夏バテがスッキリするような新メニューがあればいいのですが」

隼人「矢島さん、そういえばいま女性の間で、辛いグルメが流行っているみたいですよ? 自分も実は近所にあるカルディでよく買っているウマ辛なホットグルメがあって、家で作ってみたりしてるんです」

アンリ「へえ、そうなんだ。僕も辛い物は好き。近所の成城石井で買い物することが多いから、ホットグルメを買うことも多いけどね」

矢島「ふたりとも、意外に辛いもの好きなんですね。では、おすすめの商品を持ち寄って、新メニューの企画出しを兼ねた試食パーティでもやってみませんか?」

アンリ「男ばっかでパーティって…あんまやる気しないなあ」

隼人「いいじゃん! お店のためだよ。俺らのおすすめグルメを持ち寄ろう!」

アンリ「…わかったよ、じゃあおすすめを3品ずつ持ち寄るってことで」

みんなで試食スタート♪ 撮影:川口浩輝(P.M.A.トライアングル)

カレー対決! かんたんに本格派の味を楽しもう

矢島「今回、隼人君はカルディ、アンリ君は成城石井のホットグルメを持ってきてくれたんですね。さっそく紹介してもらっていいですか?」

隼人「カルディは、手軽だけど本格的なホットグルメが充実しているんです。カレーをはじめとして、世界中の味を楽しむことができるので、家に居ながら海外旅行気分も味わえますよ!」

矢島「おお、それは期待できそうですね」

アンリ「食べたことがない味に出会えるのは、シンプルにワクワクするよね」

隼人「まず最初に紹介するのは、『カルディオリジナル スープリゾット スパイスカレー』です。

カルディオリジナル スープリゾット スパイスカレー

お湯を注いで3分でできるので、夜遅くなってしまった時、小腹が空いたとき、ご飯を作りたくない時などにピッタリなんですよ。

乾燥ごはんのアルファ化米、スパイスたっぷりの辛口カレーを混ぜて食べる、大人のためのリゾットです」

カルディオリジナル スープリゾット スパイスカレー
お湯を入れて3分待つだけ。簡単!

アンリ「けっこうしっかりした味なんだね。口に入れた瞬間から“辛い!”と感じるけど、スープリゾットだからかな、スッと入っていくから、口の中がずっと辛いという訳ではないのがいい感じ」

隼人「量も少なめだから、ちょっと食べたい時にお湯を入れるだけなのは助かるんだよね」

矢島「バーで出すフードとしては、辛さもボリュームも参考になりそうですね」

アンリ「次は僕の番だね。成城石井にもこだわりが詰まったオリジナル商品がラインナップされているよ。そのなかでもカレーといえば、ボクのおすすめは『成城石井 グリーンカレー』。

成城石井 グリーンカレー

レトルトだからお湯で3~5分温めるか、レンジでチンすれば、簡単にできあがるよ」

成城石井 グリーンカレー

隼人「簡単にできる、でも、本格的な味だね。グリーンカレーは、ココナッツミルクのコクとハーブの香り、それと辛みが特徴だと思うんだけど、鶏肉やたけのこもゴロゴロ入っているね」

辛さとまろやかさがたまらない

矢島「うん、これは、本場のタイ料理屋さんで出てくるカレーの味が再現されていると言っても過言ではありませんね。おいしい」

アンリ「僕はジャパニーズスタイルでご飯にかけて食べちゃう。ピリッとした刺激とココナッツミルクの優しいまろやかさが絶妙でおすすめだよ」

矢島「なるほど、カレーひとつとってもいろいろな種類があるんだね。すっきりした辛さに、まろやかさのある辛さ。参考にしたいな」