『チルドレン』稽古場より 撮影:尾嶝 太 『チルドレン』稽古場より 撮影:尾嶝 太

栗山民也演出、高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美出演の三人芝居『チルドレン』。34歳のイギリス人劇作家ルーシー・カークウッドが2016年に発表し、今年のトニー賞演劇作品賞にもノミネートされた注目作だ。その日本初演に向けてギアを上げつつある稽古場に潜入した。

【チケット情報はこちら】

物語の舞台は、大地震をきっかけに津波と原発事故が起きた町。元物理学者の夫婦、ヘイゼル(高畑)とロビン(鶴見)が暮らすコテージに、20年以上前に原子力発電所で夫婦の同僚だった女性ローズ(若村)が訪れる。久々に再会した3人の胸には、様々な思いが去来しーー。

この日の稽古は、劇の終盤。ひとしきり、互いを懐かしみ、はしゃぎ、複雑な気持ちに襲われ……と、幾つもの感情を通過した3人の今を象徴するかのように、部屋には夕日が差し込み、波の音が静かに響く。しっとりとした雰囲気の中、ある重要な決心を語り、ヘイゼルとロビンにも決断を迫るローズ。「発展途上国の半分の人間は電気なしでやっている」「あなたたちに電力を使う権利はないわ」と言う彼女の言葉が、他のふたりに、そして観る者に深く突き刺さる。過去の責任をどう取り、未来にどのようなものを残すのか。次の世代のために、今の世代には何ができるのか。ナチュラルな日常会話を通して、普遍的な命題が、強く痛切に訴えかけられていく。

高畑はヘイゼルの表向きの強さと裏腹の脆さを体現。鶴見のロビンには女性たちに愛される男の魅力と悲哀が滲む。若村は陰影のある演技でローズの孤独や決意を表していく。3人が紡ぎ出す心の機微は、細やかで豊かだ。酸いも甘いも噛み分けた彼ら大人が、旧知の人間を相手に、ある瞬間には、子供のようにムキになり、狼狽し、生への執着をむき出しにする。3人揃っている時とひとり欠けてふたりになった時で雰囲気が変わるのも、リアルで面白い。そして、何気ない会話から、各自が隠し、あるいは封印して自分でも忘れかけていた優越感や劣等感、罪悪感などが浮かび上がる。人は誰しも、傍から見る以上に繊細で入り組んでいるのだ。

三者三様の立場や思いに私達はうなずき、彼らの会話に共感を覚えながら、大きな決断に至るまでを見守ることになる。その一挙手一投足、言葉ひとつ表情ひとつたりとも見逃せない。台詞劇の醍醐味にあふれた作品の開幕は間もなくだ。

公演は9月8日(土)埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールより。その後、 全国を周る。

取材・文:高橋彩子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます