『あぶ刑事』10年ぶり映画で完結!

2015.2.3 10:43配信
『まだまだあぶない刑事』 (C)2005「まだまだあぶない刑事」製作委員会

人気刑事シリーズ『あぶない刑事』が10年ぶりの劇場映画『さらば あぶない刑事 -long good-bye-』で“完結”することが2月2日に都内で行われた“2015年東映ラインナップ発表会”で明らかになった。

その他の写真

1986年に放映が始まり、累計話数77話、最高視聴率は26.4パーセントを記録した『あぶない刑事』(通称:あぶ刑事)シリーズ。劇場版は1987年の『あぶない刑事』から2005年の『まだまだあぶない刑事』まで計6本製作されており、総観客動員は600万人超え。総興収は82億円を記録している。

今回、製作が発表されたシリーズ第7作『さらば あぶない刑事 -long good-bye-』は3月下旬にクランクインし、2016年正月第2弾の公開を目指すという。もちろん“名コンビ”である舘ひろし(64歳)と柴田恭兵(63歳)が顔を揃えており、東映は「同キャスト同シリーズの刑事もの映画が7本製作されるのは世界で初。『相棒』や『踊る大捜査線』、『ダイ・ハード』を超える」とアピールしている。

シリーズ完結編の製作に対し、舘と柴田は以下のコメントを寄せている。

「タカ、ユージと共に時代を駆け抜け“オトナ”になった皆さんとスクリーンで再会できる日が今から楽しみです。私、恭様、そしてオンコ(浅野温子)、トオル(仲村トオル)、4人のあぶない顔ぶれがお茶目に軽やかに大奮闘する最後のあぶない刑事をぜひご高覧ください。足腰は多少パワーダウンしましたが…今でも特技はバイクアクション!」(舘ひろし)

「『さらば』です。ファイナルです。大下勇次を演じるのはこれで本当に最後です。これまで30年応援してくださった方々に、感謝の気持ちを込めて、愛を込めて『さらば あぶない刑事』を贈ります。いつもどおりジョークを添えてスクリーンで派手なお別れパーティを開きたいと思います。ご参加ください。参加料は劇場窓口でお支払ください。お待ちしています」(柴田恭兵)

製作を手がけるセントラル・アーツの黒澤満氏によると「タカとユージのふたりは全く出世していない」といい、「彼らの行く末には最高のドラマがあるはず。退職なのか、殉職なのか。面白く感動的な作品にしたい」と強い意気込みを示した。

『さらば あぶない刑事 -long good-bye-』
2016年 正月第2弾 全国公開

取材・文:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング