雪まつりに巨大“スター・ウォーズ”雪像が登場!

2015.2.4 19:54配信
雪まつりにスター・ウォーズ雪像が登場

12月に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開が控えるスター・ウォーズの大雪像が第66回さっぽろ雪まつりで公開され、シリーズの人気キャラクター、ダース・ベイダーがオープニングセレモニーに登場した。

その他の写真

雪像は高さ15メートル、幅22.6メ-トル、奥行き20メートルの巨大なもので、5トントラック700台分の雪を使い、2000人もの人々が約1か月を投じて作り上げたものだ。オープニングセレモニーはマイナス3度という厳しい寒さにも関わらず、500人を超えるファンがつめかけ、ダース・ベイダーとストームトルーパーがサプライズで登場が登場すると、大歓声があがった。さらに会場ではベイダー卿が赤い光を放つライトセーバーを振り下ろすと、雪像がライトアップ。セレモニーには上田文雄札幌市長も登壇し「毎年、200万人以上の方々が来て下さるこの“さっぽろ雪まつり”ですが、今年は『スター・ウォーズ』効果で250万人、いや、300万人以上の方々が来て下さる事を期待しています!」とコメントした。第66回さっぽろ雪まつりは、11日(水・祝)まで行われる。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、1977年(日本公開は1978年)以降、世界中の映画ファンを熱狂させてきた『スター・ウォーズ』サーガの最新作。その詳細はいまだに明らかになっていないが、J.J.エイブラムスが監督を務め、遠い昔の遥か銀河系の彼方を舞台に、壮大なドラマが描かれる。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日(金) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング