マーク・ラファロが役者人生を振り返る

2015.2.4 19:48配信
マーク・ラファロ

アカデミー賞オリジナル歌曲賞受賞作『once ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による最新作『はじまりのうた』に出演しているマーク・ラファロのインタビューコメントが届いた。

その他の写真

映画は、ニューヨークを舞台に恋愛や家族、仕事、夢など様々な悩める人々が音楽を通じて人生の新たな一歩を踏み出す物語。全米では公開当初5館だったがクチコミパワーで1300館以上まで拡大し、前作『ONCE…』を超える大ヒットを記録した。マークが本作で演じるのは、主人公(キーラ・ナイトレイ)の音楽の才能を見出す、落ち目の音楽プロデューサー・ダン。妻子と別居中で、会社をクビになったばかりの人生どん底の男が音楽への情熱を再び取り戻していく様を、味のある演技と独特の存在感で見事に演じている。

近年『アベンジャーズ』といった大作への出演や、『フォックスキャッチャー』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされるなど、その活躍ぶりが華々しいマーク・ラファロだが、「若い頃はこんなに成功するとは思っていなかった」と振り返る。20代の頃は生活が安定しておらず、妻に愛想をつかされそうになったこともあったそうで、その後、子どもを持ち、年をとるにつれ多くのことを学んでいったという。人として、俳優として、円熟味を増したマークが「その役に共感できるから、理解できるからという理由だけで役を引き受けることもある」と語るように、人生経験を積んだ彼だからこそ、ダンの抱える悩みなどを自分と重ね合わせ、役に投影することであの説得力あるキャラクターが生まれたといえよう。

かつてはロックバンドのメンバーでもあったジョン・カーニー監督らしい音楽への愛情がたっぷり詰まった本作。キーラ・ナイトレイやマルーン5のアダム・レヴィーンが歌う楽曲は思わず聴き入ってしまう曲ばかりで、主題歌『LOST STARS』は第87回アカデミー賞で歌曲賞にノミネート。また、マーク自身も「最高にエキサイティングで楽しかった!」と語るニューヨークの街中でゲリラ録音するというユニークな設定で撮影された場面は、観ているこちらもワクワクしてしまう、音楽好きにはたまらないシーンとなっている。

役者として常にクリエイティブであることにこだわり、「そこら中で巻き起こる創造性豊かなひらめきのようなものを信じています。自分が今までやったことのないことに挑戦したい! それが僕の原動力です」と語るマーク。今後の活躍にも期待が高まる。 

『はじまりのうた』
2月7日(土)シネクイント、新宿ピカデリーほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング