『バードマン』が監督組合賞を受賞

2015.2.9 15:9配信
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(C)2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが、監督組合賞(DGA)の長編映画部門を受賞した。DGAの受賞者は、ほとんどの場合、オスカーでも監督賞を受賞している。

その他の写真

これまでは『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイターが監督部門の最有力候補と思われてきたが、この結果を受けて、イニャリトゥがフロントランナーに躍り出た形だ。

『バードマン~』は、さらに、オスカー予測の決め手となるプロデューサー組合賞(PGA)と映画俳優組合賞(SAG)も受賞している。しかし、『6才のボク~』への支持もまだ根強くあり、あと10日のうちに、どんな変化があるかはわからない。

一方で、テレビ部門では、『HOMELAND/ホームランド』のレスリー・リンカ・グラッターがドラマで、『Transparent(原題)』のジル・ソロウェイがコメディで受賞している。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング