観客を笑いでKO! 『ザ・タイトルマッチ2』上演中

2015.2.10 15:55配信
小倉久寛 祝還暦記念コントライブ『ザ・タイトルマッチ2~笑いのDeath Fight~』 小倉久寛 祝還暦記念コントライブ『ザ・タイトルマッチ2~笑いのDeath Fight~』

小倉久寛還暦記念のコントライブ、『ザ・タイトルマッチ2~笑いのDeath Fight~』が1月29日、東京・下北沢の本多劇場で開幕。日々公演を重ねている。

小倉久寛 祝還暦記念コントライブ『ザ・タイトルマッチ2』チケット情報

劇団スーパー・エキセントリック・シアターの結成以来から二人三脚で歩んできた朋友・三宅裕司が「小倉の還暦記念ならばこれしかないだろう」と提案したのが三宅と小倉、ふたりきりのコントライブ。元々、16年前に一度『ザ・タイトルマッチ』として上演をしていたが、「そのときはうまくいったものも、『もう少し練ればよかったな』というものも両方あった。それから16年間、劇団の本公演でも熱海五郎一座でもふたりだけのシーンを必ずつくってきて、進化の手応えを感じている今こそやりたいと思った」と三宅。小倉も「60歳の実感は全くない。むしろ昨年は単独公演(小倉久寛独り立ち公演)の稽古と『コントの劇場』の撮影が重なるという状況を乗り越えたこともあって『あれ、身体も動くし、俺まだまだできるな』と感じています」と開幕前から意気込み充分だった。

63歳と60歳という年齢を観客がすっかり忘れてしまうほど、ときに叫び、走り、2時間出ずっぱりで休むことなく笑いを提供し続ける三宅と小倉。舞台上で繰り広げられるのはお互いを信頼し合っているふたりだからこそできる、息の合ったコント。そして、コントの合間にはステージが楽屋に早変わり。「楽屋に戻ってきた」ふたりは着替えながら話し続ける。つくりこまれた珠玉のコントとラフで即興性の高いトーク、その大きな振り幅を自在に行き来する軽やかさは長年のコンビネーションのたまもの。

もうひとつのお楽しみは日替わりゲスト。コントライブ中盤にふたりになじみの深いゲストが登場する。伊東四朗やラサール石井、笑福亭鶴瓶、中村雅俊や浅野ゆう子……そして小倉がナレーションを務める『まさはる君が行く! ポチたま ペットの旅』からは犬のまさはる君までが登場。この豪華すぎるゲストは当日まで誰がいつ登場するかわからない。その場でのフリートークタイムはその日会場に来た観客だけが楽しめる貴重な時間だ。

35年の歴史を全部詰め込んだとばかりにあらゆるタイプの笑いを提供し、観客に笑い止む時間を与えないほどのコントライブ。三宅と小倉の一対一での戦いでノックアウトされるのは観客かもしれない。

東京公演は2月15日(日)まで。その後、2月21日(土)・22日(日)大阪・森ノ宮ピロティホール、3月12日(木)宮城・日立システムズホール仙台 シアターホールでも公演。チケット発売中。

文/釣木文恵

続々更新♪ 注目の新着動画

     

人気記事ランキング