宝塚歌劇月組、トップコンビのラストステージが開幕!

2012.2.8 17:00配信
宝塚歌劇月組『エドワード8世』 撮影:三上富之 宝塚歌劇月組『エドワード8世』 撮影:三上富之

宝塚歌劇団月組のトップコンビ、霧矢大夢(きりや ひろむ)と蒼乃夕妃(あおの ゆき)の退団公演となる『エドワード8世』『Misty Station』が2月3日、兵庫・宝塚大劇場にて幕を開けた。

宝塚歌劇月組『エドワード8世』のチケット情報

第1部の『エドワード8世』は、20世紀初頭のイギリスを舞台に“プリンス・チャーミング”と呼ばれ、国内外問わず大衆的な人気を博したイギリス国王、エドワード8世の史実を元にしたミュージカル。人々から愛されながらも、アメリカ国籍で2度の離婚歴のある女性、ウォリス・シンプソンとの愛を全うしたため、王位を捨てることとなった彼の虚像と実像を掘り下げて描いている。

物語は、エドワード8世の葬儀から始まり、ふたりの出会いへと遡る。葬儀のシーンでのラジオを利用した意外な演出が面白く、観客の心をグッとステージへと引き寄せる。気さくでモダンな感覚を持つ皇太子デイヴィッド(=エドワード8世)を演じる霧矢は、軽快な口調でステージのテンポを作る。そうかと思えば、自由奔放に見える裏側で、ひとりの人間として抱える負の部分も繊細に表現。霧矢の演技巧者ぶりが堪能できる。相手役の蒼乃は、地位を得るために近づいたウォリスの、デイヴィッドへの心の変化を丁寧に演じ、寂しさや弱い部分も滲ませながら芯のある強い女性に仕上げている。

また、狂言回しの重要な役割を担うのは、2番手の龍真咲。英国放送協会(BBC)のプロデューサー、ガイ・バージェス役で、登場人物の内面にも切り込みつつ、観客が混乱しないよう、物語をスムーズに伝えている。3番手の明日海りおは、デイヴィッドに振りまわされながらも、時には厳しく、優しい目線で見守る秘書役。明日海の柔らかい印象を生かしながら、皇太子へも臆せずストレートに発言する強さや、近くにいても役に立てないもどかしさを細やかに見せている。

第2部のショー『Misty Station』は、霧矢の旅立ちを想起させるシーンからスタート。霧矢扮する旅の青年Mistyがトランクと地図を手に、冒険へと出て行く。そこからは数々のダイナミックなシーンが展開。宇宙、ジャングル、アラビア、謎めく街など、色とりどりの世界を旅していくMisty。中でも、ズラッと一列に並んだ月組生に囲まれ、中央で霧矢がひとり歌う場面や、黒燕尾に身を包んだ男役たちの一糸乱れぬダンスは壮観。思わずため息が漏れるほどに美しい。また、霧矢と蒼乃の息ぴったりのデュエットダンスはもちろんのこと、龍や明日海、今回同時退団する青樹泉、一色瑠加らにも見せ場があり、月組の圧倒的なパワーが堪能できるショーに仕上がっている。

トップスターのラストステージだけに、両作品ともサヨナラをイメージしたシーンや歌が随所に盛り込まれる。歌、演技、ダンスと、3拍子揃った霧矢の魅力がいっぱいに詰まったステージをぜひ。

兵庫公演は3月5日(月)まで上演。また、3月23日(金)から4月22日(日)まで、東京宝塚劇場にて上演。東京公演のチケットは2月19日(日)一般発売開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング