『味園ユニバース』を観た観客の反応は?

2015.2.16 16:31配信
『味園ユニバース』 (C)2015『味園ユニバース』製作委員会

「ぴあ」調査による2015年2月13日、14日のぴあ映画初日満足度ランキングは、関ジャニ∞の渋谷すばる初の単独主演作『味園ユニバース』がトップに輝いた。2位に人気テレビ番組の“その後”を描く劇場版『テラスハウス クロージング・ドア』が、3位にムーミンの母国フィンランドの製作された『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』が入った。

その他の写真

1位の『味園ユニバース』は、歌うこと以外の記憶が失われてしまった男が、バンドのボーカルに迎え入れられ、自分の過去と向き合う姿を描いた作品。出口調査では「関ジャニのときとは違った渋谷くんの一面が観られた。歌うシーンが印象的で、存在感があった」「大阪臭い映画だった。ディープでクスッと笑える大阪を体感しつつ、音楽を聴く楽しさもある。大阪に行きたくなった」「ひとりの人間のストーリーがしっかりと描かれていた。渋谷くんは歌唱力が高くて歌に感動した」「過去にとらわれるのではなく、未来を自分の力で切り開いていくというメッセージに共感。元気をもらった」など、10代から60代までの観客からの支持を集めた。

2位の『テラスハウス…』は、テレビ番組の最終回でハウスを出た彼らの新たなエピソードが描かれる劇場版。観客からは「てっちゃんの恋の結末がやっと観られた!歴代メンバーのその後がわかり、それぞれが生き生きと過ごしているのをみて嬉しかった」「映画版6人の新しい生活もおもしろくて楽しめた。新メンバー小田部のキャラが魅力的で、少しもめげないのは凄いと思った」「過去のメンバーが集まって振り返るシーンは、映画版ならではのよさがあって印象的」「素直でいつも頑張っているけど、結局いつも失敗してしまうてっちゃんが好き。映画版は短い!もっと観ていたかった」などの感想が寄せられた。

(本ランキングは、2月13日(金)、14日(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング