本日80歳に! 名作曲家ジョン・ウィリアムズが語る『戦火の馬』

2012.2.8 19:6配信
『戦火の馬』

『スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』『ハリー・ポッター』など数々の映画音楽を手がけてきた音楽家ジョン・ウィリアムズ氏が8日に80歳の誕生日を迎えた。現在も映画音楽の世界の先頭を走る彼が、第84回アカデミー賞で作曲賞でノミネートをうけた作品が、朋友スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『戦火の馬』だ。

その他の写真

スピルバーグ監督は、撮影や編集など主要スタッフを変更することなく幅広いジャンルの作品を発表し続けているが、その中でも決して変わることのない“不動のタッグ”を築いているのが音楽を担当するウィリアムズ氏だ。1974年に『続・激突!カージャック』でコンビを組んで以来、ふたりは数々の名曲を生み出してきた。『ジョーズ』では弦楽器の旋律だけでサメの襲来を伝え、『未知との遭遇』では5つの音だけで宇宙人と交信するシーンを演出。一方、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』では若い頃の音楽経験を活かしてジャズ風の音楽を生み出すなど、ウィリアムズ氏はジャンルを横断しながら作品を作り続けるスピルバーグ監督のリクエストにしっかりと応えてきた。

そんなふたりの最新作が、第一次大戦下の過酷な状況の中で生き抜く“奇跡の馬”ジョーイと、彼を愛する少年アルバートら人間との絆を壮大なスケールで描いた『戦火の馬』だ。ウィリアムズ氏は作曲作業に入る前にカリフォルニアの馬牧場に訪れ、馬をじっくりと観察するほどの力の入れようで、「この作品は音楽的にとても豊かな機会でした。なぜならこれが人間と動物の両方を描いたものであるだけでなく、3つの国々にまたがったストーリーだからです。これは様々な側面と感情的な内容をたずさえた音楽的旅路でもあるので、私はあの時代の雰囲気を反映させた、つまり情熱的で私的で悲劇的な音楽にする努力をしました」とコメントしている。

本作の音楽は、ジョーイの長い旅の局面に合わせて旋律やタッチが変化していく手のこんだもので、90人の演奏家たちがウィリアムズ氏曰く“録音作業というよりも、どちらかと言えばコンサートに近いような”雄大かつ躍動感のある演奏を披露。感動的な物語を音楽面でしっかりと支えている。

『戦火の馬』

『戦火の馬』 オリジナル・サウンドトラック

(C)DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

いま人気の動画

     

人気記事ランキング