堀北真希、山本耕史が出演!舞台『嵐が丘』製作発表

2015.2.19 15:40配信
舞台『嵐が丘』の製作発表(左から)戸田恵子、堀北真希、山本耕史 舞台『嵐が丘』の製作発表(左から)戸田恵子、堀北真希、山本耕史

5月6日(水・祝)より東京・日生劇場で上演される舞台『嵐が丘』の製作発表が2月18日、都内で行なわれ、出演する堀北真希、山本耕史、戸田恵子、脚本・演出を務めるG2が出席した。

【チケット情報はこちら】

原作は“世界十大小説”のひとつと謳われる、エミリー・ブロンテの名作。19世紀、イングランド北部ヨークシャーの荒野に立つ“嵐が丘”と呼ばれる屋敷に暮らす人々が織り成す愛憎劇。屋敷に住む娘、キャサリン役を堀北真希、屋敷に拾われた孤児、ヒースクリフ役を山本耕史が演じる。

G2は同作について「この作品、小説は名作ですが、日本において、舞台における決定版というのは出ていない印象を持っています。今回の舞台では、これまで多くの舞台では触れられていなかった原作の後半を含めた全編を上演します。私、普段大口は叩かないんですが、この舞台は決定版になるような予感がしています」と自信をのぞかせた。

堀北は「今回初めて原作を読んだのですが、登場人物が多くて複雑なので、相関図を書きながら読みました(笑)。この作品は“世界十大小説”のひとつと呼ばれる作品なので、皆さんの期待を裏切らないように頑張りたい」とコメント。また山本は「上演の何か月も前に会見に出て、ほぼ何が起こるかわからないまま質問に答える、というのが僕たちの宿命なんですが(笑)、今お話を聞いて大変そうな作品だな、と感じました。ただ、大変だからこそ良い舞台ができると信じていますし、人間としても俳優としても大好きで尊敬している堀北さん、戸田さんとご一緒できて本当に嬉しい。出演者全員で前に進めるような舞台になれば良いなと思います」と意気込んだ。

物語の重要な語り部でもある、家政婦ネリーを演じる戸田は「こういった不朽の名作と呼ばれる作品に出るのは初めて。得意分野ではないかもしれませんが、あえてチャレンジしました。それは信頼の出来るスタッフと共演者の存在もありますし、初めて憧れの日生劇場に立てるというのも要因のひとつです。今までにない面白い『嵐が丘』になれば良いなと思います」と話した。

記者から役作りについて質問が飛ぶと、堀北は「キャサリンと違って、普段の自分はおっとりまったりしているので、頑張って役作りしていきたい」。一方、山本は、「まず台本を見て自分のセリフが見開き2ページにわたってとかあると、そっと閉じてしまう(笑)。結局開けるのは立ち稽古の前の日、という事が自分はよくあります(笑)。元々役作りを固めていくタイプではないので、信頼できる共演者の皆さんの立ち回りを見て、自分の役も固めて行きたい」と語った。

舞台『嵐が丘』は5月6日(水・祝)から26日(火)まで、東京・日生劇場で上演。チケットの一般発売は3月7日(土)午前10時より。なお、一般発売に先がけて、チケットぴあではいち早プレリザーブ、およびプレリザーブを実施。受付は2月20日(金)午前11時より。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング