ライアーゲーム“再生”に「だまされた」の声。監督が「観て判断して」と挑戦状!

2012.2.10 12:16配信
『ライアーゲーム -再生-』の完成披露試写会の模様

人気シリーズを再映画化した『ライアーゲーム -再生-』の完成披露試写会が9日に東京国際フォーラムで行われ、松田翔太、多部未華子、芦田愛菜、高橋ジョージ、濱田マリ、新井浩文、野波麻帆、池田鉄洋、小池栄子、鈴木浩介、船越英一郎、松山博昭監督が舞台挨拶を行った。

その他の写真

甲斐谷忍の人気コミックを原作にTVドラマ、劇場版と進化を続けてきた「ライアーゲーム」シリーズが『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』(2010)以来の再スタート。描かれるのは、ファンからの評価が高い20億円争奪“イス取りゲーム”だ。メガホンをとった松山監督は「今回の“再生”に、喜びの声と同時に『前回でファイナルだと思っていた。だまされた』という意見もあった。それに対しては僕らがいい作品を作って、再生に意味があったと思ってもらうしかない」と宣言し、「ぜひみなさんに観ていただき、判断してほしい」と挑戦状をたたきつけた。

主人公・秋山深一役の松田以外のキャストをほぼ一新し、多部が劇場版オリジナルのヒロイン・篠宮ユウ役を演じるほか、人気子役の芦田愛菜が謎に満ちたライアーゲーム事務局員・アリスに扮している。松田はまさかの“再生”に「率直にうれしい。ドラマが始まったのがちょうど20歳のとき。本当に新人で何かチャレンジしたい時期だっただけに、役柄にも思い入れがある」と喜び爆発。おなじみの“必勝法”も健在で「僕が負けるなんてこと、あるのかな」と自信をのぞかせる。一方、多部は初参戦とあって緊張した面持ち。今回参加したゲームも「すごく難しかった」といい、「とにかく頭の回転をすばやくして観てください」とアピールした。

笑顔を封印し、役作りに挑んだ愛菜ちゃんは「今回はいつもと違うから、やっぱり難しかった。でもクールな役ができてとてもうれしかった」とこの日はニッコリ。登壇者の中では「濱田さんが一番嘘つきだと思う。いつもニコニコして、辛いときもずっと笑顔でいるから」とバッサリ。これには濱田も「やっぱり天才……」とタジタジ。本作には新顔も多く「演じているうちに、人間不信になりそうだった」(小池)、「観る映画ではない。参加する映画です!」(船越)、「自分で出演して、最後までストーリーがわからなかった。今度、映画館で確認したい」(高橋)とゲームがもつ“魔力”を語った。

『ライアーゲーム -再生-』
3月3日(土)全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング