【ゲーム】『NEWラブプラス』に新しい“ソーシャル”を見た

2012.2.14 12:00

恋愛シミュレーションゲームの進化系『NEWラブプラス』の現実を侵食し、現実を拡張する新機能のレポートです。

現実を侵食する『NEWラブプラス』

(C)Konami Digital Entertainment

   『ラブプラス』というゲームをご存知でしょうか。

  ご存知の方は納得していただけるかもしれませんが、このゲーム、かなりの革新作です。いまの時代を象徴しているゲームといっても言いすぎじゃないかもしれません。

(C)Konami Digital Entertainment

ご存知ないかたのためにざっくりと説明すると、『ラブプラス』はいわゆる恋愛シミュレーションゲームの進化系です。従来の恋愛ゲームのように「女の子と恋が結ばれるまでのドラマ」を描くだけでなく、「女の子と恋人関係になってからの日常生活」を体感できるコミュニケーションゲームになっています。あえて正確なジャンルを付けるならば「恋人シミュレーションゲーム」なんて呼び名が良いのかもしれません。

男性向けは主に学園もの、女性向けはファンタジーや歴史まで舞台は幅広い。近年では、ミニゲームを充実させたり、何パターンものエンディングを用意するなど繰り返し遊べる要素が増えている。(『ウレぴあ』3月号「恋愛ゲームの進化論」より)  

    このゲームの特徴はゲーム機の内蔵時計やカレンダーに連動していること。ゲーム中に登場するヒロイン(カノジョ)は時間にあわせて24時間365日間生活をしています。そこでプレイヤー(カレシ)はカノジョと会話をしたり、タッチスクリーンにタッチしてスキンシップをしたり、メールを交換したりすることでコミュニケーションを深めていくのです。2009年に最初の『ラブプラス』発売され、口コミとともにロングセラーになりました。2010年には続編の『ラブプラス+』が、2012年には携帯ゲーム機ニンテンドー3DSに対応する『NEWラブプラス』が発売されています。
 さて、この『ラブプラス』のどこがすごいのでしょうか。それは――『ラブプラス』は「現実を侵食するゲーム」だからです。
 その好例が最新作『NEWラブプラス』の「どこでもデート」機能にあります。これはプレイヤーがニンテンドー3DSで撮影した写真の場所へ、ゲーム中のカノジョとデートへ行くことができるという機能なのです。

(※文中掲載画面は開発中のものです。)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング