ミュージカル『デスノート』、世界初演いよいよ開幕

2015.4.6 15:55配信
会見より。左から、浦井健治、小池徹平、柿澤勇人 会見より。左から、浦井健治、小池徹平、柿澤勇人

注目の舞台『デスノート THE MUSICAL』が、いよいよ4月6日(月)に開幕する。名前を書かれた人間は40秒以内に死ぬ“死神のノート”を手に入れた青年が、正義の名の下社会の悪を粛清していく……というセンセーショナルな内容で社会現象にもなった大ヒットマンガ『DEATH NOTE』の世界初のミュージカル化だ。初日に先駆け4月5日、主人公・夜神月(やがみらいと)を演じる浦井健治と柿澤勇人、ライトを追い詰める探偵L役の小池徹平が会見に応じた。

ミュージカル『デスノート』チケット情報

原作コミックのみならず、アニメ、映画と大ヒットした作品だけに、3人ともこのミュージカル化について相当の気合いが入っているよう。「いま、興奮状態です。カンパニーが一致団結していて、この世界初演に向け、『デスノート』の世界に酔いしれているところ」(浦井)、「世界初演とは思えないほどの順調ぶり。早く皆さんにお届けしたい」(柿澤)、「みんなかなり気合いが入っている。本当に楽しんでいただける作品になっているんじゃないかな」(小池)と、それぞれ心境を話す。

音楽をブロードウェイの第一線で活躍するフランク・ワイルドホーンが手掛けていることも話題だが、「ワイルドホーンさんが1曲1曲を、本当に『デスノート』を愛して作ってくださった。すべての曲がシングルカットできるくらいの粒揃い」と浦井が語れば、柿澤も「めちゃくちゃカッコイイ。ワイルドホーンさんはロックシンガーのようにやってくれと仰っています。ミュージカルというとクラシックのイメージがありますがまったくそうではなく、若い方が聴いてもカッコイイと思うだろうし、乗れる曲が多い」と見どころを話した。

また原作でも人気の高いLを演じる小池は、原作から抜け出したようなビジュアルで、会見場にも裸足で登場。「(会見の場に登場するには)ラフすぎて申し訳ない」と恐縮しつつも「Lは見た目を気にするよりも頭脳を使って追い詰めることにすべてをかけてる人。(衣裳の)着心地はいい」と笑顔。その小池Lについては浦井も「舞台上で対峙する時、目の前にマンガのままのLがいるというのは、原作ファンとして嬉しい」と絶賛した。また今回、死神リューク役でミュージカル初挑戦する吉田鋼太郎についても質問は飛び、柿澤が「鋼太郎さん、2か月前の製作発表の時は『本当に(ミュージカルを)やりたくねぇんだよ…』と仰っていたのに、昨日楽屋で話していたら『やべぇ、チョー楽しい!』って言ってました(笑)」というエピソードを明かしていた。

公演は4月6日(月)に東京・日生劇場で開幕。東京公演は4月29日(水・祝)まで。その後5月15日(金)から17日(日)に大阪・梅田芸術劇場 メインホール、23日(土)・24日(日)愛知県芸術劇場 大ホールでも上演される。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング