K-1 -70kg初代王座決定トーナメントの出場選手決定

2015.4.24 19:40配信
会見より (C)M-1 Sports Media 会見より (C)M-1 Sports Media

4月23日(木)東京・GSPメディアセンターにて、7月4日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN ~-70kg初代王座決定トーナメント~」の記者会見が行われた。65kg、60kg、55kgに続き、70kgで初代王座決定トーナメントの開催が決定し、トーナメント出場選手と組み合わせが発表された。出場選手と組み合わせは以下の通り。

第1試合 山崎陽一(日本/シルバーウルフ)vs. マラット・グレゴリアン(アルメニア)
第2試合 牧平圭太(日本/HALEO TOP TEAM)vs. ディラン・サルバドール(フランス)
第3試合 中島弘貴(日本/バンゲリングベイ・スピリット)vs. サニー・ダルベック(スウェーデン)
第4試合 佐藤嘉洋(日本/名古屋JKファクトリー)vs. アルメン・ペトロシアン(イタリア)

トーナメント出場の日本人各選手が以下の通り意気込みを語った。

山崎陽一 「K-1出場が決まってうれしいですし、楽しみです。世界一になることしか考えていませんが、僕には失うものも肩書きもないので、リングに上がって目の前の相手を倒すことだけにすべてを捧げて、暴れます。そして僕が生まれ育った福島県いわき市の人に夢を与えられる試合、K-1ファンのみなさんが興奮する試合を約束します」

牧平圭太 「今回K-1に出場することになって、中学を卒業する時にタイムカプセルに『10年後の自分へ』という手紙を書いていて、実はそこに『K-1に出て暴れたい』と書いていました。今回はそれを実現することが出来ました。僕は67kgで試合をしていて正直悩む部分もありましたが、今すごくトレーニングをして身体が大きくなっていて、70kgに挑戦したい気持ちがありました。ここから70kgの始まりなので楽しみです」

中島弘貴 「新しいK-1が始まって、新しいK-1を盛り上げるために必ず世界トーナメントで優勝します。世界の強豪が集まる70kgでトップになれるように、チャンピオンを目指します」

佐藤嘉洋 「対戦相手のアルメンとは2011年に戦っていて判定負けしています。ここでリベンジして、仮にサニーが上がってきたら、サニーにリべンジして、決勝で劇的な勝ち方をしたらかっこいいだろうなと思っています。そこで自分の夢を実現させたいです。年齢のこともあり、ワンデイトーナメントは最後のつもりです。ラストチャンスを掴みたいと思います」

トーナメント4試合に加え、リザーブファイトとして渡部太基VSセルゲイ・アダムチャックも決定。

チケットは4月25日(土)より一般発売。サークルK・サンクスでは、「K-1 WORLD GP特製ハンドタオル」付きチケットを限定発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング