LG、日本初の曲面型有機ELテレビ、55インチモデルが登場

2015.4.28 13:10配信
55EG9600

LGエレクトロニクス・ジャパンは、日本初の曲面ディスプレイを搭載した55インチの有機ELテレビ「LG OLED TV(エルジー・オーレッド・テレビ) 55EG9600」を、5月8日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は62万8800円前後の見込み。

55インチの曲面液晶パネル(解像度3840×2160)を備えた有機ELテレビ。画面上の素子1つ1つが自ら発光し、光量を最適化することで、従来は表現が難しかったデリケートな色合いまで忠実に映し出せる。また、バックライトを使用しないので、無色無光の完全な黒を再現できる。

これまでのRGBの画素に加えて、白(W)のサブピクセルを追加した独自の「WRGB方式」によって、一般的なテレビが対応していなかった色域までカバーし、繊細で現実感あふれる色彩表現を実現する。また、WRGB方式を採用することで、有機ELディスプレイの大画面化を実現するとともに、輝度の向上や低消費電力化を達成した。

一つひとつの自発光ダイオードがダイレクトに反応し、即発光するので応答速度は液晶の1000倍を超える0.001mm秒以下で、スポーツやアクション映画、ゲームなどあらゆるコンテンツにおいて残像感をなくし、ありのままのスピード感や迫力を楽しめる。

本体は、自由に形状を変えられる有機ELの特性を活かした曲面ディスプレイを採用し、深い没入感を実現する。バックライトを使用しないので、最薄部が約0.6cmのスリムデザインを実現した。

OSには、さまざまな映像やコンテンツをボーダレスにつなぎ、なめらかに行き来できる「webOS 2.0」を採用する。「webOS 2.0」は、コンテンツをより簡単に、直感的に扱えるよう使い勝手を向上した。

インターフェースは、HDMI入力×3系統、コンポーネント入力×1系統、光デジタル音声出力×1系統、USB3.0×1基、USB2.0×2基、有線LAN端子×1基を備える。また、無線LANにも対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング