浦井健治、シェイクスピアの問題作に挑む

2015.5.15 12:00配信
『トロイラスとクレシダ』に主演する浦井健治 『トロイラスとクレシダ』に主演する浦井健治

浦井健治の活躍が止まらない。ミュージカル界のプリンスと称されることが多い浦井だがその活躍は幅広く、骨太なストレートプレイやコメディでも観客に強い印象を残す。その実力は今年、読売演劇大賞の最優秀男優賞を受賞したことからもわかるとおり。今年はすでに『ボンベイドリームス』『デスノート THE MUSICAL』と2本のミュージカルに主演、さらに7月からはシェイクスピア劇『トロイラスとクレシダ』に主演する。シェイクスピア作品には数々出演している彼が、“問題劇”と呼ばれるこの作品にどう挑むのか。話を聞いた。

『トロイラスとクレシダ』チケット情報

作品はトロイ戦争という大きな流れの中に、トロイの王子トロイラスと神官の娘クレシダの愛と裏切りの物語を紡いでいくもの。喜劇と悲劇の間を揺れ動き、分類困難であるところが問題劇と呼ばれる所以だ。そんな本作の魅力を、浦井は「ドラマチックな出来事というより、描かれているのは人間の心理の移り変わりの早さや、最終的には愛や憎悪といった“情”で動いてしまう人間の愚かさ。そんなところが僕にはとても面白く感じます」と語る。「人間関係や状況など、現代でも起こりうるものが描かれていますし、登場人物がとても人間臭い。僕が演じるトロイラスも、王子でありながら『戦いをしたくない』というようなことを言います。現代の日本に住む我々が共感しやすいところでもありますし、いま上演する意味も感じています」。

演出を手掛けるのは日本を代表する演出家のひとり、文学座の鵜山仁。浦井と鵜山は2009年に上演時間9時間を超すシェイクスピアの大作『ヘンリー六世』でタッグを組み、大きな評価を得た名コンビだ。「『ヘンリー六世』の時は、9時間の公演を終えたあと毎日ダメ出しがありました(笑)。それだけ愛情をかけてくださる方。絶大な信頼を寄せています」。

面白いことに、浦井が出演するシェイクスピア作品は、『トロイラス~』しかり『ヘンリー六世』しかり、なかなか上演機会の少ないマニアックなものが多い。例えば『ハムレット』のような王道作品への欲はないのかと聞くと、「もちろんやってみたいものもたくさんありますが、口に出したらとても簡単な思いになってしまいそう。だから自分からは言わないようにしています。むしろ『やってみたらどうか』とご助言いただけるような役者でありたい」と、彼らしい謙虚な言葉が返ってきた。一作一作に謙虚に、真摯に向き合う姿勢の積み重ねが、どんなタイプの役柄でも輝く浦井健治という俳優の信頼へ繋がっているのだろう。そんな彼が7月、“問題劇”でどんな輝きを放つのか、楽しみに待ちたい。

出演はほかにソニン、江守徹ら。公演は7月15日(水)から8月2日(日)まで、東京・世田谷パブリックシアターにて。チケットは5月16日(土)に一般発売を開始する。ほか石川、兵庫、岐阜、滋賀公演あり。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング