ディズニーマニア約20人が集結し、日本最大級の情報量のディズニー関連コラムを配信している「ウレぴあ総研」。

ディズニー特集の制作を統括しているディレクターが、2018年に公開された、ディズニー配給の長編映画9本(※)を、超個人的にランキング。

年末年始に観るべき映画とは!?

※ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(ディズニー・アニメーション)、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(ディズニー実写)、ピクサー・アニメーション・スタジオ、マーベル・スタジオ、ルーカスフィルム製作のうち、日本公開が2018年の長編映画9本を主観でランキング

9位『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日公開)

『シュガー・ラッシュ:オンライン』 ©Disney. All Rights Reserved.

話題のディズニープリンセス大集合シーンは面白かったですが、私にとって、この映画で評価できるのは、そこと、結末だけ。

公開中の映画なので、あまり詳しくは書きませんが、何が嫌かって、ラルフが、全く成長しておらず、同じ過ちを繰り返しているように見えること。

私は個人的に、そういうタイプの人を受け入れられないんですよね。

映画の主役キャラに心底嫌気が差すような思いを抱かせる映画ってどうなの、という思いがどうしても拭えず、完全に目が曇っているな、という自覚はあるのですが、どうにもなりません。

ただ、「別に気にならないよ」という人も少なからずいると思うし、たとえば前作を観ていなければ何の問題もなくこの映画の良いところに目を向けられるので、観に行きたかった方は、ぜひ観に行って楽しんでください。

びっくりするほど深くて重い映画、と評価する向きもあり、それはそれで一つの真実であると思います。

8位『ブラックパンサー』(3月1日公開)

全米で空前の大ヒットになりましたが、日本人の私が見てもそこまでの感慨を抱かないのは、日米の社会状況の違いなのかなと。

テーマは「分断」で、結果として「分断」を乗り越えよう、というエンディングになるわけですけど、綺麗事に感じるんだよなあ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の火種のすべてはワカンダ、みたいなことにならないか、本当に心配。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MUC)の映画としては、文句のない出来で、非常におもしろいです。

いま現在、地球上で最高のテクノロジーを持つのは、ワカンダのシュリ(と『アントマン&ワスプ』のハンク・ピム博士)。

ワカンダをよく知っているのと、そうでないのでは、MCUの理解がまったく変わってくるので、特に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を見る前に、必ず見ておきましょう。

7位『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)の直後の公開でなければ、もっと楽しめたし、もっと話題になったはず。

インフィニティ・ウォーの期待値が高すぎて、見る前に体力を使い切って、見終わって脱力して、しばらく映画を見る気になれなかった。

インフィニティ・ウォーがインチキ過ぎるだけ。

すでに方々で語られているとおり、旧世代ファンにとっては「コレジャナイ感満載」、新世代ファンにとっては良質なエンターテイメントSF。

ストーリーもスリリングですし、何よりハン・ソロとチューバッカのコンビ結成の経緯、2人が意気投合した理由が知れるんですから、見る価値はあります。

年末年始に楽しむにはおすすめの映画です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます