『くるみ割り人形と秘密の王国』2018年11月30日公開 © 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2018年11月30日公開『くるみ割り人形と秘密の王国』。

ディズニー配給映画だけでも盛りだくさんな昨今、全部見ていたら大変……そんなあなたに、観るべき映画かどうか、「ウレぴあ総研 ディズニー特集」ディレクターが、正直に紹介します。

良い映画。自信を持っておすすめできる

結論から入りましょう、試写会を観ての感想は、端的に言って、

「とても良かった」

です。

「多くの人にとって観るべき映画」と、自信を持って、おすすめできる作品でした。

直後に観た『シュガーラッシュ:オンライン』(2018年12月21日公開)の試写で、うーん。。。となってしまったのに比べ、夢中のまま最後まで観てしまったし、実写映画ならではの心動かされる要素もたくさん内包していたし、間違いなく良作です。

期待値が高くないのは当然……

多くの方は、『くるみ割り人形と秘密の王国』のために、映画館のスクリーンの前に座るモチベーションを見つけられないでいるのではないでしょうか。

「くるみ割り人形」は、オリジナルでもなければ、リメイクでも続編でもない。

ウォルトや『ファンタジア』を持ち出さなければ、ディズニーとの関連を意識することすら難しいわけですが、それらすらマニア以外には大して響かないでしょう。

包み隠さず言えば、わたしも同じでした。仕事だから観ますが、プライベートの休日にわざわざ映画館に足を運ぼうと思うかというと、これは微妙な問題です(鑑賞後の今は正反対で、家族全員連れて映画館へ行くことに決めましたが)。

ディズニー配給映画だけでも盛りだくさん

夏にはピクサーの『インクレディブル・ファミリー』、秋には『プーと大人になった僕』が公開されたばかり。

2018年11月30日に『くるみ割り人形と秘密の王国』が公開されますが、直後の12月21日には『シュガーラッシュ:オンライン』、年明け2019年2月1日には『メリー・ポピンズ リターンズ』の公開が控えています。

ディズニーファンなら、アニメ派は『シュガーラッシュ:オンライン』、マニアは『メリー・ポピンズ リターンズ』のほうが遙かに興味深いでしょう。

ディズニー以外でも『ヴェノム』や『ボヘミアン・ラプソディ』が話題ですし、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も公開されたばかり。

これだけの状況の中で、『くるみ割り人形と秘密の王国』が選ばれる理由があるとは、正直思えません(全部観に行けばいいんですけどね、一般の方々はそんなにしょっちゅう映画館には行きません)。

けれども、期待値が高ければ良い映画であるとは限らないのは当然。

『くるみ割り人形と秘密の王国』は、見落とされてしまう可能性が高い名作、という位置づけになってしまう気がしています。

少しでも後押しになればと、特に素晴らしかった5つのポイントだけ、言及しておこうと思います。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます