M・ナイト・シャマラン「TVドラマに可能性感じる」

2015.5.23 19:15配信
M・ナイト・シャマラン

『シックス・センス』で一世を風び、数々のヒット作を世に送り出したM・ナイト・シャマランが、初めてTVドラマに進出した話題作『ウェイワード・パインズ 出口のない街』が現在、FOXチャンネルで放送中だ。全米でベストセラーになった原作小説にほれ込んで、製作総指揮と第1話の演出に名乗りを上げたシャマランが8年ぶりに来日し、取材に応じた。

その他の写真

「以前からずっとTVドラマの世界には興味があったんだ。どの作品もクオリティーが高いし、マーケティングを最優先する今の映画業界にはない可能性を感じている」と語るシャマラン。外部との通信手段が閉ざされ、住民たちが徹底した管理と掟に支配された“出口のない街”ウェイワード・パインズに迷い込んだベテラン捜査官(マット・ディロン)が、脱出の糸口を探り、街全体を覆う謎に立ち向かう。

シャマランといえば“あっと驚くドンデン返し”がトレードマークだが、「今回はあえて壮大な結末を、シリーズ中盤に置き、その先を視聴者と一緒に探れるような構造にしたんだ。入口はサスペンスだが、次第に違ったジャンルの作品になっていく。ダークなユーモアに満ちた雰囲気も気に入っているよ」と新境地に手応えを示す。

製作総指揮というポジションについては、「当初は脚本家や他の監督らに、どこまで委ねていいのか悩んだよ。自分が目指す作品のトーンを統一する難しさを経験した」。映像への強いこだわりでも知られるが、「映画と違ってTVドラマの場合、時間的な制約があって、入念なリハーサルができないこともある。でも、それが良かったよ。限られた時間のなかでグッと集中力が高まり、キャストたちとの関係性も密になった」と新たな環境に、刺激を受けた様子だ。

TVドラマで得た収穫は早速、9月に全米で公開される予定の監督最新作『The Visit』でも活かされており「非常にいい効果をもたらしていると思う。最近はファミリー層向けの作品が続いたが、久しぶりに得意なサスペンス映画に戻ることができた」と話した。『ウェイワード・パインズ 出口のない街』はFOXチャンネルで日本独占放送中。6月26日(金)からデジタル配信が始まり、今秋にはDVDがリリースされる。

取材・文・写真:内田涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング