『マッドマックス』生みの親、日本に感謝

2015.6.6 20:41配信
ジョージ・ミラー監督

30年ぶりとなるシリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』とともに来日したジョージ・ミラー監督が6月5日に、本作の公開を記念し開催された『マッドマックス』『マッドマックス2』の“轟音上映イベント”に出席した。ミラー監督は「僕らのクレイジーな作品を、世界で初めて認めてくれた。世界的な成功のきっかけを作ってもらった」と日本のファンに感謝を伝えた。

轟音上映イベント”その他の写真

『マッドマックス サンダードーム』以来30年ぶりのシリーズ最新作。荒廃した近未来を舞台に、愛する者を奪われた男マックスの復讐劇をダイナミックに描く。過去3作でメル・ギブソンが扮した主人公マックスを、新たに『ダークナイト ライジング』『インセプション』のトム・ハーディが演じている。

「第1作を撮ったのが36年前だからね。世界も変わったし、テクノロジーも進んだ。自分なりに新しい要素を盛り込んだつもりだよ。出来ばえ? まあまあかな(笑)」とミラー監督。すでにシリーズ第5~6弾の企画も浮上しているが、「まだ、この巨大なベイビーを完成させたばかりだから」と具体的なスケジュールは示さず。それでも「映画2本分を撮るだけのストーリーは、出来あがっている」と語り、ファンを大喜びさせた。

この日はヴァーノン・ウェルズ、ティム・バーンズ、ジョアヌ・サミュエル、ポール・ジョンストン、ヴィンセント・ギル、デイル・ベンチら旧キャスト陣が顔を揃え、ミラー監督も「30年ぶりに会う人もいるんだ。不思議な気持ちだし、時間の重みに圧倒される。まるでタイムトラベルだね」としんみり。「思い出話を聞きたいって? いいけど、全部話すには2週間かかるよ」と笑いを誘い、かつて苦難をともにした同士たちと抱擁を交わしていた。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
6月20日(土)新宿ピカデリーほか全国公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング