交流戦の借りは球宴で返す? オールスター先行発売

2015.6.17 19:20配信
写真左より、工藤公康監督(福岡ソフトバンクホークス)、原辰徳監督(読売ジャイアンツ) 写真左より、工藤公康監督(福岡ソフトバンクホークス)、原辰徳監督(読売ジャイアンツ)

やっぱり、パ・リーグは強かった。6月16日に終了した『セ・パ交流戦』の話である。ご存知の通り、『交流戦』の最高勝率はソフトバンクが勝ち取った。過去4度『交流戦』Vを飾った福岡の雄が、12勝6敗とセ・リーグ勢を圧倒したのだ。

マツダオールスターゲーム2015 チケット情報

2位に入ったのは日本ハム。3位・西武、4位・楽天、5位・ロッテと続いた。セ・リーグとしては阪神が10勝8敗と6位に入り、2010年のような1~6位のパ・リーグ独占を免れるのがやっと。

通算成績はパが61勝44敗3分と、最高勝率をマーク。『交流戦』前の1位・DeNAがまさかの10連敗を喫するなど3勝14敗1分と大ブレーキとなったのが、響いた。これで11年間でパの865勝774敗53分。11シーズン中10回パの勝ち越しとなったのだ。

そこで、『マツダオールスターゲーム2015』である。第1戦は7月17日(金)・東京ドームで、第2戦は7月18日(土)・MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で開催される。『オールスター』と言えば、公式戦ではなかなか見られない力と力の真っ向勝負が実現するなど、お祭り的要素が強い。『オールスター』が『交流戦』のリベンジの舞台とはならないが、セの本拠地で連敗は許されない。通算の対戦成績ではパが80勝75敗10分とリードするが、過去10年間ではセが14勝7敗2分と盛り返している。昨年まで『オールスター』に勝ち越したリーグに与えられたドラフト2巡目以降の優先権は『交流戦』に譲ったが、セ・リーグとしては意地を見せたいところ。

6月17日現在、『オールスター』ファン投票1位には以下の面々が名を連ねる。
セ・リーグ
先発・黒田博樹(広島)、中継ぎ・山口鉄也(巨人)、抑え・山崎康晃(DeNA)、捕手・阿部慎之助(巨人)、一塁手・新井貴浩(広島)、二塁手・菊池涼介(広島)、三塁手・バルディリス(DeNA)、遊撃手・鳥谷敬(阪神)、外野手・筒香嘉智(DeNA)、丸佳浩(広島)、梶谷隆幸(DeNA)パ・リーグ
先発・大谷翔平(日本ハム)、中継ぎ・バリオス(ソフトバンク)、抑え・松井裕樹(楽天)、捕手・嶋基宏(楽天)、一塁手・中田翔(日本ハム)、二塁手・浅村栄斗(西武)、三塁手・中村剛也(西武)、遊撃手・今宮健太(ソフトバンク)、外野手・柳田悠岐(ソフトバンク)、糸井嘉男(オリックス)、秋山翔吾(西武)、指名打者・森友哉(西武)

ファンの願いは、指揮官にも届いてる。原辰徳監督(巨人)が「ファンのための夢の球宴。監督として演出をして、喜んでもらえるような2試合にしたい」と言えば、工藤公康監督(ソフトバンク)も「ファン、こどもたちに夢や勇気を与えられるようしっかりした戦いを見せたい」と意気込む。

『マツダオールスターゲーム2015』のチケットは第1戦・7月17日(金)・東京ドーム、第2戦・7月18日(土)・MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島ともに6月21日(日)午後6時までサークルK・サンクス先行抽選受付中、7月3日(金)午前10時に一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング