演技派ポール・ダノが“伝説の音楽家”役に挑む

2015.6.19 10:4配信
『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』のポール・ダノとブライアン・ウィルソン(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

ビーチ・ボーイズのメンバーで、ポップミュージック界の偉人ブライアン・ウィルソンの半生と知られざるエピソードを描いた映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』が公開になる。本作ではブライアンを年代に分けてポール・ダノとジョン・キューザックが演じているが、ダノはブライアンになりきるべく、様々な準備を重ねたようだ。

その他の画像

ブライアン・ウィルソンはビーチ・ボーイズの中心的なメンバーとして演奏、歌唱、ソングライティングの面で活躍するが、やがて演奏旅行から離脱し、曲作りに専念するためにスタジオにこもるようになる。そこで誕生したのが、現在も愛され続ける名盤『ペット・サウンズ』だ。美しいメロディ、計算し尽くされたコーラスワーク、巧みな構成は現在では“マスターピース”としての評価を集めている。しかし、ブライアンは曲作りへのプレッシャーから体調を崩し、心が折れてしまう。映画は、革新的な楽曲を次々に放ちながら大きな挫折を味わったブライアンが、ひとりの女性と出会い、再び希望の光を見つけ出していく様を描き出していくブライアン公認の作品だ。

ダノは演技派俳優として映画ファンから厚い信頼を寄せられている俳優で、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』や『ルビー・スパークス』などの演技で人気を博してきた。本作では伝説的な人物を演じるべく14キロ増量して見た目からブライアンになりきるよう準備を開始。ダノもバンドでギターとヴォーカルを担当しているが、撮影前にボイストレーニングを行い、『ペット・サウンズ』制作に関わったミュージシャンからベースやピアノの弾き方の特訓を受け、代役ではなくダノの演奏と歌唱で撮影が行われた。ダノは「この役に取り組むことにヤバイぐらいに夢中になって楽しんだ。心を奪われたよ」とコメント。世界中に熱狂的なファンをもつ実在の音楽家を演じることは大きなプレッシャーがかかるはずだが、彼は熱意をもって役に挑んだようだ。

このほど公開された画像は劇中のダノとブライアン本人の写真を並べたものだが、ふたりの見た目は驚くほどよく似ている。ダノが演じる“若き日のブライアン”は多くのファンを納得させるのではないだろうか。


『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
8月1日(土) 角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング