ジュリアン・ムーアが主演作を解説!

2015.6.22 11:34配信
『アリスのままで』(C)2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

ジュリアン・ムーアが第87回アカデミー賞主演女優賞に輝いた主演作『アリスのままで』が今週末から日本で公開になる。ベルリン、ヴェネチア、カンヌの映画祭でも女優賞に輝き、数々の難役に挑んできたムーアは本作でどんな役を演じるのか? 本人が語る特別映像が公開になった。

『アリスのままで』特別映像

映像に登場したムーアによると本作で彼女が演じたアリスは「20代前半で結婚し、3人の成人した子供がいる。コロンビア大学で教える言語学者でもある」らしい。続いて登場する本編映像に登場するアリスは夫や子供たちに囲まれ、笑顔で自身の誕生日を迎えている。子供たちもそれぞれが自立し、自身のキャリアも順調で、家族関係も良好だ。

しかし、ムーアは「ある時、彼女は物忘れをする自分に気づく。最初は原因がわからずにいたけれど、検査の結果、若年性アルツハイマー病だと判明するの」と説明する。ムーアが語る通り、劇中のアリスはいつものようにジョギングしている最中に自分が“どこ”にいるのかわからなくなってしまう。ムーアは少しずつ混乱していくアリスの表情を繊細な演技で表現している。

やがて、アリスは自身の病が抗えないものだとわかり、ただ悲しむのではなく、“現在”を懸命に生きようとする。さらに彼女の病をきっかけに家族の関係にも変化が訪れ、さらに深く夫婦や親子が関わりをもっていく様が描かれる。その後もムーアは作品の裏話を語っており、彼女のガイドで映画の予習ができる映像になっている。

『アリスのままで』
6月27日(土) 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング