ミュージカル版『家政婦のミタ』!? 家族の絆の再生を描く四季『サウンド・オブ・ミュージック』が福岡へ

2012.3.7 12:3配信
劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』制作発表より 劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』制作発表より

『ドレミの歌』『エーデルワイス』などスタンダード・ナンバーを数多く含む『サウンド・オブ・ミュージック』。ジュリー・アンドリュースが主演した1965年公開映画も大ヒット、世界中で愛されている名作が、いよいよ福岡で上演される。舞台は1938年のオーストリア。母のいないトラップ家の7人の子どもたちの家庭教師となったマリアが愛情と音楽で一家を明るくしていくが、ナチス台頭という不穏な時代の波が一家にも影を落とし……という物語。3月5日、福岡市内のホテルで記者会見が行われ、マリアを演じるキャストのうち、井上智恵と笠松はる、トラップ大佐を演じるキャストのうち、芝清道と村俊英が福岡公演へ向けての抱負を語った。(複数キャストでの上演により、他キャストの出演も予定)

今回上演されるのは、『キャッツ』『オペラ座の怪人』の作曲で知られるアンドリュー・ロイド=ウェバーがプロデュースした最新バージョン。新曲が加えられ、アルプスの雄大な風景を舞台上に再現した美術など、見どころも増えている。笠松曰く「映画のマリアはパワーウーマンな感じだけど、今回の演出では“弱くて脆いけど、あきらめずに頑張ることで物事を動かしていく”女性」へと変更になっているようで、こちらも楽しみ。また曲順も映画版から変更があり、その効果も感じられるとか。芝も「歴史的背景をふんだんに入れてあり、単なる幸せ物語というより困難を乗り越えての家族の絆が強調された。人間模様も複雑に演出されており、音楽だけでなく芝居としても深く面白くなっている」と自信をのぞかせる。

また、昨年大きな話題をさらったTVドラマ『家政婦のミタ』さながらに、本作でもトラップ家の子どもたちが重要な役割を果たしている。「子どもたちには嘘が通じない。お芝居も含め、心から交流することを心がけている」と井上が語れば、芝も「トラップ大佐が子どもたちとの本当の愛に触れてハグをするシーン。ここは観ても泣けるけど、実際に演じていても泣ける。自分の中のピュアな部分を引き出してくれるよう」とコメント。それを受け、村も「そのシーンは、マリアや子どもたちとの絆を実感できる大切なシーン。ひとりひとりと心をこめてハグしてます」と語るなど、子どもたちの純粋な演技に、大人の俳優たちも影響を受けている様子だった。

東日本大震災に襲われた昨年3月11日は『サウンド・オブ・ミュージック』東京公演の千秋楽の前日だった。震災の混乱を経て、祖国を思いながら歌う『エーデルワイス』を歌う時に「愛する日本」を思いながら歌い、さらに一段と思い入れのある曲になったとか。家族の絆を改めて考えたい今だからこそ、じっくり楽しみたい作品となりそうだ。

公演は6月24日(日)から10月14日(日)、福岡・キャナルシティ劇場にて開催。チケットは6月24日(日)から8月31日(金)公演分までを4月22日(日)に一般発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング