シェイクスピアの問題劇、その面白さを鵜山仁が語る

2015.6.25 16:10配信
鵜山仁 鵜山仁

シェイクスピアの問題劇と呼ばれる戯曲『トロイラスとクレシダ』がこの夏、上演される。シェイクスピア全戯曲翻訳という偉業を達成し、本作の翻訳も手がける小田島雄志ですら「過去に一度しか観たことがない」と言うほど、上演機会の少ない作品だ。その演出を務めるのが、鵜山仁。日本を代表する演出家であり、シェイクスピア作品を数多く演出している鵜山だが、もちろんこの戯曲を取り上げるのは初。彼がこの作品をどう捉え、どう向き合っていくのか話を聞いた。

チケット情報はこちら

トロイ戦争を背景に、様々な人々の思惑や駆け引き、そして愛と裏切りを描く物語。悲劇的な部分も喜劇的な部分も内包し、悲劇とも喜劇とも単純に分類しがたいところが、問題劇と言われる所以だ。だが鵜山は「戦争ばかりではなく、恋愛と政治、個人の思惑と国の行く末が渾然一体となっている。それぞれの思惑が衝突しあって、結果誰の思惑もきれいには実現しないで終わる…という意味では、人間の試みがうまくいかない時のシンボルみたいな作品。そのあたりが奇妙といいますか、わかりにくいところだと思うのですが、そこに独特の魅力がある」と、それこそがポイントであると話す。「そもそも何のために人は生きているのか、何のために恋愛をするのかなんてわかりやすく説明がつくものではない。でもそれがきっと、人間が生きていく上でのエネルギーになる。人間が出会って変化していくということが、行く末、世界を豊かにしていく。そういう前提で芝居を創りたいと思っています」。

そんな一筋縄ではいかない人間の複雑さは、シェイクスピア作品全体の魅力でもあるという。「人間の良いところばかり見ていない、良いやつも悪いやつもいるし、ひとりの人間の中に良い面も悪い面もあるというところが面白いですね。むしろその葛藤、ぶつかり合いが人間を動かしていく力になっている」、そこがシェイクスピア作品の力学なのでは…と見解を話してくれた。

そしてキャストには、鵜山が信頼を寄せる顔ぶれが揃った。岡本健一、渡辺徹、今井朋彦、横田栄司、吉田栄作、江守徹ら個性的で力強い俳優たちが名を連ねる中、タイトルロールのトロイラスとクレシダは、浦井健治とソニンが扮する。「浦井君は、ぶつかりがいがある人。まだまだ色々な可能性があるんじゃないかなと思うし、そういう意味ではつかみどころがない魅力がある。ざっくばらんに話ができる“相方”です。また彼の新しい表情が見せられれば。ソニンさんはとにかく“女のパワー”を感じさせる人。ふたりの突っ込みと受け…コントラストが効いているんじゃないかな。どういう立会いになるのか楽しみにしています」と期待を語った。実力派揃いのキャストを得た鵜山が手がける問題作は、現代の我々に何を訴えかけてくるのか。7月の開幕を楽しみに待とう。

公演は7月15日(水)から8月2日(日)まで、東京・世田谷パブリックシアターにて。チケット発売中。ほか石川、兵庫、岐阜、滋賀公演あり。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング