『インサイド・ヘッド』監督コンビ、宮崎駿からの称賛に“ヨロコビ”

2015.6.25 16:15配信
(左から)ロニー・デル・カルメン監督、大竹しのぶ、竹内結子、ピート・ドクター監督と

ディズニー/ピクサーの待望の最新作『インサイド・ヘッド』をひっさげ、ピート・ドクター監督とロニー・デル・カルメン共同監督が6月25日に、都内で来日記者会見を行った。ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリという5つの“感情“たちが、その持ち主である11歳の少女とともに成長する冒険ファンタジー。会見前日にはふたり揃って、スタジオジブリを訪問したそうで、ドクター監督は「宮崎駿監督がこの作品をとても気に入ってくれたんだ」と“ヨロコビ”を爆発させた。

その他の写真

すでに全米で封切りされ、公開3日間の興行収入が9044万ドルを突破。これまで1位だった『アバター』の7700万ドルを上回り、続編やシリーズ作をのぞく、オリジナル作品としての記録を更新する好スタートを切ったばかりだ。

「“ビビリ”ながら試行錯誤を重ねて、完成までに5年という歳月を費やしたから、今の気持ちは“ヨロコビ”かな。でも、自分の手を離れてしまうという意味では“カナシミ”も感じる」と複雑な心境を語ったドクター監督。カルメン監督は「多くの人が映画を楽しんでくれているのは、素直にうれしいこと。感情は誰もがもつ普遍的なものだから、きっと日本の皆さんにも共感してもらえるはず」とアピールしていた。

会見には日本語版キャストを務める“ヨロコビ”役の竹内結子、“カナシミ”役の大竹しのぶが駆けつけ、両監督に映画にちなんだ5色だんごをプレゼント。お互いの演技について「大竹さんの声とともに、カナシミのゆったりした動きやビジュアルが愛おしくなった」(竹内)、「すごくエネルギッシュな役柄で、結子ちゃんの喜びが直接伝わってきた。私自身もそばにヨロコビがいるから、安心してカナシミを表現できた」(大竹)と評した。

『インサイド・ヘッド』
7月18日(土) 全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング