浦和レッズの無敗ステージVなるか、それとも……

2015.6.26 17:10配信
関根貴大(浦和レッズ) (c)J.LEAGUE PHOTOS 関根貴大(浦和レッズ) (c)J.LEAGUE PHOTOS

消化試合ではない。前節、ステージ優勝を決めた浦和レッズが『明治安田生命J1リーグ』1stステージ最終節・アルビレックス新潟戦で無敗優勝に挑む。

浦和レッズ ホームゲーム チケット情報

浦和はまだ『2015 Jリーグ チャンピオンシップ(CS)』の出場権を獲得したに過ぎない。『CS』でシードされるのは年間勝点1位である。ペトロヴィッチ監督が「34節を終えて一番上にいるのが我々の大きな目標」と言えば、選手たちも「まだ何も手に入れていない」(阿部勇樹)、「自分たちはあくまで年間チャンピオンを目指している」(槙野智章)とキッパリ。

11勝5分・勝点38、ホーム8戦全勝の文句なしの成績を収める浦和は今季も攻撃的サッカーを実践している。だが、昨季までのポゼッション至上主義から見事に脱却した。前線から最終ラインまでコンパクトなラインを形成し、ボールを保持するのが基本である。だが、相手や局面、時間帯によって、引いて守る意識も高まった。守るだけではない。ロングボール一閃、カウンターの精度も高めている。武藤雄樹、梅崎司が6ゴール、興梠慎三、ズラタンが5得点と前線のメンバーはどこからでも点が取れる。4得点の右サイド・関根貴大、左サイド・宇賀神友弥(次節は出場停止)からのクロスもチャンスにつながっている。開幕から一度も首位を譲らず、無敗のままステージ優勝まで駆け上がったのも納得の内容である。

最終節で対峙する新潟は対照的に3勝5分8敗・勝点14で17位に甘んじている。ラファエル・シルバ、平松宗、鈴木武蔵らアタッカー陣に故障者が相次ぎ、中盤の要であるレオ・シルバも第12節以降戦線離脱した。前線からのタイトな守備をかいくぐられ、得意のカウンターも決まらない中、ショートパスをつなぐサッカーを模索しているのである。

ペトロヴィッチ監督の新潟評は異なる。第12節・FC東京戦後、浦和の指揮官は「どんな試合でもサッカーをする(守備重視ではなく、主導権を握って攻める)チームが勝利することが私自身うれしい。例えば新潟は素晴らしいサッカーをしているが、結果が伴っていない。それは残念なことだ」と語った。オーソドックスな4-4-2から浦和と同じ3-4-2-1にシステム変更し、試行錯誤する新潟に好感を持っているのだ。

浦和が対新潟17試合負けなし(13勝4分)、ホーム無敗(9勝2分)の相性の良さそのままに無敗ステージ優勝を達成するのか、好材料揃いの中落とし穴にハマるのか。6月27日(土)・浦和×新潟・埼玉スタジアムのチケットは発売中。『明治安田J1』2ndステージ・浦和ホームゲーム・7月19日(日)・広島戦、7月29日(水)・甲府戦、8月16日(日)・湘南戦、8月22日(土)・仙台戦のチケットは、6月28日(日)午前10時より一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング