『天気の子』7月19日(金)公開 ©2019「天気の子」製作委員会

人気ドラマの映画化や新海誠監督の最新作など、2019年の日本映画界も期待作が目白押し。

その中でも2018年から目立つ流れとして、異色のコミック原作ものや再び増え始めた時代劇など、これまでにはなかった流れも見え始めている。新たな日本映画の時代の幕開けだ。

胸キュンだけじゃない!コミック原作

『Back Street Girls-ゴクドルズ-』2月8日(金)公開

男くさい若きヤクザ3人衆が、全身整形で女性アイドルとしてデビュー!? 本来の自分とアイドルの自分に葛藤する様をコミカルに描く。

極道の顔を白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、整形後を岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜が演じ、故・大杉漣も友情している。

監督は『小川町セレナーデ』(2014年)で劇映画デビュー、第19回新藤兼人賞・銀賞を受賞した原桂之介。

『トラさん~僕が猫になったワケ~』2月15日(金)公開

『トラさん~僕が猫になったワケ~』2月15日(金)公開 ©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

交通事故で命を落としたダメ男・寿々男が、猫の姿となって1カ月間限定で妻と子供のもとに戻されることになって……。

映画初主演のKis-My-Ft2の北山宏光が等身大のまま特殊スーツで猫の姿も演じている。

ファンタジックな設定の中、『美女缶』(03)、『Sweet Rain 死神の精度』(08)の筧昌也があたたかにもリアルに家族の絆を描き出す。原作は板羽皆。

『翔んで埼玉』2月22日(金)公開

『翔んで埼玉』2月22日(金)公開 ©2019「翔んで埼玉」製作委員会

魔夜峰央が埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画を、『テルマエ・ロマエ』シリーズなどの武内英樹が振り切って映画化。

埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、埼玉出身の転校生・麻実麗(GACKT)の県境を超えたラブストーリーに端を発して、怒涛のシュールなドラマが展開される。

『善悪の屑』2019年公開

『善悪の屑』2019年公開 ©2019日活

その過激な内容と描写が電子コミックで話題をさらい、第2部『外道の歌』も人気を集めている渡邊ダイスケのクライムサスペンスが原作。

新井浩文、林遣都が復讐代行を請け負う2人組を演じてダブル主演。

『不能犯』(18)の白石晃士がメガホンを取る。「これ実写化して大丈夫なんですかね」という新井のコメントからしても、その出来栄えに期待大。

『ホットギミック』2019年公開

『ホットギミック』2019年公開

原作は、男女の繊細な駆け引きで人気を集める相原実貴の同名コミック。

『溺れるナイフ』でもコミック原作を手掛けた新鋭・山戸結希が監督を務め、鮮烈な青春と恋愛が描かれる。乃木坂46の堀未央奈がヒロイン・初役で映画映画初出演にして初主演。

幼なじみ・亮輝に清水尋也、もうひとりの幼なじみ・梓に板垣瑞生、初の兄・凌に間宮祥太郎が扮する。

今また隆盛の時代劇

『サムライマラソン』2月22日(金)公開

『サムライマラソン』2月22日(金)公開 ©“SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners

土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』を原作に、“日本のマラソンの発祥”といわれる史実を描く。

主演に佐藤健。ほか、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己らが出演する。

監督を『アンナ・カレーニナ』(98)のバーナード・ローズが務めるなど世界の才能が名を連ね、日本の豪華俳優陣で時代劇を描き出すのも話題。

『多十郎殉愛記』4月12日(金)公開

『多十郎殉愛記』4月12日(金)公開 ©『多十郎殉愛記』製作委員会

『木枯し紋次郎』『極道の妻たち』シリーズなどの名匠・中島貞夫の約20年ぶりの長編劇映画。

幕末の京都を舞台に、親の借金から逃れるため上洛して用心棒となる多十郎(高良健吾)、飲み屋の娘・おとよ(多部未華子)、多十郎の腹違いの弟・数馬(木村了)の苛酷な運命と殉愛を描く。

殺陣の魅力にあふれた一作で、熊切和嘉が監督補佐を務めている。

『居眠り磐音』5月17日(金)公開

『居眠り磐音』5月17日(金)公開 ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

シリーズ累計2000万部突破の佐伯泰英の小説を、『超高速!参勤交代』(14)の本木克英監督が映画化。

松坂桃李が昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く“優しすぎる浪人”坂崎磐音に扮し、木村文乃と芳根京子がダブルヒロインを務める。

ほか、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、ピエール瀧、陣内孝則、谷原章介、中村梅雀、柄本明らが出演。

『引っ越し大名!』8月30日(金)公開

『引っ越し大名!』8月30日(金)公開

“引っ越し”が題材の痛快エンタテインメント時代劇。

引っ越し奉行となった引きこもりの書庫番・片桐春之介(星野源)が、期限と費用に四苦八苦しながらも、幼なじみの鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の奉行の娘・於蘭(高畑充希)の知恵を借りて奮闘する。

原作は史実に基づいた土橋章宏の小説『引っ越し大名三千里』。犬童一心がメガホンを取る。

『決算!忠臣蔵』冬公開

『決算!忠臣蔵』冬公開 ©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

忠臣蔵における赤穂浪士のミッションは、現在の金額にして8400万円の予算内に討ち入ることだった!?

山本博文の研究書『「忠臣蔵」の決算書』を、『殿!利息でござる』(16)も手掛けた中村義洋が笑いと涙の新感覚の忠臣蔵として映画化。

討ち入りを率いた大石内蔵助に堤真一、ワーキングプアな勘定方・矢頭長助にナインティナインの岡村隆史が扮する。