玉城裕規、『カレーライフ』で久々“普通の若者”

2015.7.3 15:5配信
玉城裕規  撮影:源 賀津己 玉城裕規  撮影:源 賀津己

幼い頃、「大きくなったら一緒にカレー屋をやろう」と誓い合った5人のいとこ同士。やがて大人になった5人は、おいしいカレーを求めて世界中を駆け回り、さまざまな経験を重ねて人として成長してゆく…。2001年に刊行され人気を博した竹内真による小説『カレーライフ』を2011年に舞台化。そして今秋、新たなキャストで再び上演されることとなった。ポスター撮影の現場で、玉城裕規に話を聞いた。

舞台『カレーライフ』チケット情報

玉城といえばこれまで、舞台『弱虫ペダル』の東堂尽八役や『ライチ☆光クラブ』のジャイボ役など、ひとくせもふたくせもある役柄を多く演じてきた。一方今回の『カレーライフ』は青春群像劇。玉城が演じるのは5人のいとこのひとり、ケンスケだ。彼にとって久々の「普通の若者」役とあって、気合も十分の様子。ポスター撮影中、「こんなに笑顔で写真を撮ったのはいつ以来だろう?」と話しスタッフを笑わせる場面もあった。

「確かに、マンガやアニメが原作の作品に呼んでいただくことが少なくないですね。そうでなくても、たとえば『里見八犬伝』のような奇想天外な物語を演じることもありますし、いま稽古をしている作品も西部開拓時代のアメリカの青年…。もちろんそういった作品もとても好きなのですが、現代劇はまた別の楽しさがあります。久しぶりの現代劇で、久しぶりの会話劇。ほんとうにうれしいですね」

クセのある役は、そのクセの部分や、性格の特徴的なところをある程度誇張して演じることもあるという玉城。しかし、現代劇の場合はとくに役づくりはしないで臨むのだとか。「現代劇だと、誇張が嘘くさく見えてしまうことが多い。だから、あえてあまり深く役について考えず、自然体でその世界に溶け込めるように、他のキャストとの会話の中で役が立ち上がってくるようにできればと思っています」

今回の共演者はみな30代前後の同世代。それも大きな楽しみのひとつなのだという。「8人のキャストのうち、僕と滝口(幸広)さん、長濱(慎)さんが同学年なんです。稽古前からすでに、仲良くなれそうな予感がしています(笑)。それ以外のみなさんもほぼ同世代なので、変に気を遣うことなく、意見を出し合っていいものをつくっていけるんじゃないかな」

ちなみに、今作はカレーの味を追い求める物語だが、彼の思い出のカレーは、子供の頃食べていたおばあちゃんのカレーだとか。「いろんなものが細かく刻んで入っているから、いま思えば一体何が入っているのかよくわからない。でも気にせず食べていました。いまもいわゆる家庭のカレーがいちばん好きです。ただ、具はできれば大きいほうがいいですね(笑)」

公演は10月17日(土)から25日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木、11月7日(土)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。東京・大阪公演ともに先行抽選プレリザーブを受付中。

取材・文/釣木文恵

いま人気の動画

     

人気記事ランキング