紫吹淳&岡田浩暉が贈る「恋をしたくなる舞台」

2015.7.7 19:20配信
会見より。紫吹淳、岡田浩暉 会見より。紫吹淳、岡田浩暉

ニール・サイモン作のブロードウェイ・ミュージカル『グッバイ・ガール』が8月、有楽町・東京国際フォーラム ホールCにて開幕する。1977年公開の同名映画をもとに作られ、日本では実に17年ぶりの上演となる本作は、子持ちのダンサーと売れない役者の恋物語を描いた大人のロマンチック・コメディだ。7月6日に行われた制作発表には、自ら「ニール・サイモンの大ファン」と称する演出のマキノノゾミを筆頭に、子持ちダンサーのポーラを演じる紫吹淳と、売れない役者エリオット役の岡田浩暉の主演ペア、アパートの管理人ミセス・クロスビー役の中尾ミエ、ポーラの娘ルーシー役(Wキャスト)の吉井乃歌と児玉萌々が登壇し、作品にかける意気込みを語った。

ミュージカル『グッバイ・ガール』チケット情報

「ポーラに一番共感できる点は、“男運がない”というところ(笑)。私の代表作になるんじゃないかなと思っています」(紫吹)。「エリオットは夢を追ってニューヨークに出てきた男。僕自身も地方出身で、音楽への思いを抱いて都会に出てきた、あの頃の気持ちを思い出します」(岡田)

“変わり者”という設定のエリオットについて、自身との共通点を聞かれた岡田は「これは言いたい。俳優は皆、変わり者です!」ときっぱり。横から紫吹も「芸能界に属していることがもう変わり者ですよね」と調子を合わせるが、中尾は「私はミュージシャンなので、自分はノーマルだと思っています」とすまし顔。さらに「私は実際もアパートの管理人をしているので、私生活とリンクするんですよね」と語り、会場の笑いを誘った。

ミュージカル演出に初挑戦するマキノは「俳優の皆さんには、『血中ガイジン・モードをあげて(笑)、ニューヨーカーになってね』とお願いしたい。日本人の感性では恥ずかしくてできないことだけど、それをやらないと成立しませんから。体全体、細胞からアメリカ人の思考で取り組んでほしい。(観客に)有楽町でブロードウェイを体験していただけるよう、しっかりとしたブロードウェイ・ミュージカルを作り上げたいと思います」と力強く宣言。制作発表の後には立ち稽古の一部が公開され、思いがけずアパートで同居するハメになったポーラとエリオット、その騒動の始まりを描くシーンが行われた。共同生活のルールについてお互いの主張をぶつけ合うナンバー『My Rules』を歌いながら、部屋中を駆け回ってにらみ合うふたり。どこか不器用だけれどチャーミング、そんな紫吹ポーラと岡田エリオットをいつしか応援したくなる、胸にしみ入るラブストーリーが期待できそうだ。

「ラブシーンもありますので、存分に楽しませていただこうと思います(笑)。観終わった時には、『恋をもう一回やってみようかな』という気になるんじゃないかな」(岡田)。「そう。だから倦怠期のご夫婦とか、ちょっとうまくいってない恋人同士で観ていただけたら、寄りが戻るかも(笑)。恋をしたいな~と思っていただきたいですね」(紫吹)

公演は8月7日(金)から23日(日)まで。なお、本日7日(火)26:10よりフジテレビにて原作映画『グッバイガール』が放送。

取材・文 上野紀子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング