4.誕生日など特別な日に誘わない

誕生日やクリスマスなどのイベントは、好きな人と過ごしたいと思いますよね。

たとえば「誕生日って予定がある?」と尋ねたらすでに誰かと約束していたり、バレンタインの日にさっさと消えてしまったり、特別な日に声がかからないのは一緒に過ごしたい相手と思われていないかもしれません。

イベントはふたりの心が近づくきっかけでもあり、お互いに好意があればさり気なく予定を確認したり会う時間を作ろうとしたりする姿勢が見えます。それがないときは、無理に自分の存在をアピールするよりは触れないのが吉です。

5. ほかの女性を褒める

「〇〇ちゃんって、優しいし気配りもできるし、彼女だったらなぁ」なんて男性がほかの女性をストレートに褒めるときは、ズバリ「あなたは対象外です」と同じ。

本命の前でほかの女性の話題を出す男性は少なく、それより本命を褒めることを考えるでしょう。

「ヤキモチをやかせたいのでは?」と思う女性もいるかもしれませんが、駆け引きとの違いはあなたに対する関心でわかります。

ほかの女性を褒めてもあなたのこともしっかり認めてくれるときは、気を引きたくて言っている可能性がありますが、あなたのことにはいつまでも触れずほかの女性のことばかり話題にするときは、本当に興味を持たれていないことを考えましょう。

お付き合いする気がない男性の言動には、深く関わるのを避けるものがほとんどです。とりあえず仲は良いけれど、それ以上の関係になる気がないのでいつまでも距離は縮まらないまま。

こちらに関心がない男性に時間を費やすのは、痛みが大きくなるだけです。こんなサインが見えたら、引きどきと思って潔く身を引く勇気も自分のためと心得たいですね。

プロフィール:37歳で出産、1児の母。 これまで多くの女性の悩みを聞いてきた実績を活かし、 復縁や不倫など、恋愛系コラムライターとして活躍中。「幸せは自分で決める」がモットーです。ブログ:Parallel Line

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます