「すべては繋がっている」佐藤嗣麻子監督が『アンフェア the answer』を語る

2012.3.13 15:43配信
『アンフェア the answer』佐藤嗣麻子監督

前作から4年ぶりに製作された人気シリーズの映画版第2弾『アンフェア the answer』が21日(水)にブルーレイ& DVDで登場。連続ドラマのときから脚本を手がけ、本作でついにメガホンをとった佐藤嗣麻子監督が自作のこだわりを語った。

その他の写真

映画版の第1弾が細菌テロを扱った『ダイ・ハード』を彷彿とさせるアクション大作だったのに対し、第2弾は連続殺人犯の容疑をかけられた刑事・雪平が、逃避行を続けながら真犯人に立ち向かうまるで趣きの違うスタイルに。そこにこそ、佐藤監督らしさが凝縮されている。「以前から本格的な連続殺人犯を出したかったので、これはチャンスだなと思ったんです。学生の頃から、猟奇的な殺人を繰り返す人たちの行動に興味があって。デヴィッド・リンチも好きだったから、この作品に入る前には『ツイン・ピークス』を観直して、死体をビニール袋で包む設定はそこから来てます」。

そのこだわりは、大森南朋が演じた猟奇的連続殺人犯・結城の部屋の細部まで徹底。「あの部屋や結城が怖くないと、話自体が成立しなくなっちゃうので、そこはいちばん力を入れました。その意味では、結城役は絶対に大森さんにやってもらいたくて。(雪平役の)篠原(涼子)さんより背が高くて、いるだけで怖い感じがするじゃないですか。こういう役を演じている大森さんを見てみたかったんですよね」。

本作では、寺島進や加藤雅也が演じるドラマからの人気キャラに加え、佐藤浩市が演じる雪平の恋人でもある刑事や山田孝之が扮した検察の人間なども新たに参入。物語が進むに従って、誰が味方で誰が敵か分からない展開になり、観る者をぐいぐい引きずり込むが、「早い段階からこのアイデアは決まっていました」ときっぱり。「だから俳優のみなさんには怪しくもありつつ、そうじゃないようにも見える瀬戸際の芝居をお願いしました。行き過ぎの場合は抑えてもらったし、怪しくなさ過ぎても逆に怪しくなるので、そのサジ加減は難しかったですね」。

エンドロールでは誰がどこでどんな裏切りの行為をしていたのかが明かされるが、「すべてを分かった上でもう一度観直してもらえば、すべてが繋がっているのが分かります。お芝居もそうなっているので観返して改めて楽しんで下さい」とのこと。「ドラマのときから、みなさん、意外と見過ごしていて。今回の映画で“彼”が裏切ることに対して、え~!?って思う人もいるかもしれないけど、連ドラのときからちゃんと設定してあるんですよ(笑)」。これはブルーレイかDVDで最初から観直した方がよさそうだ。

取材・文:イソガイマサト

『アンフェアthe answer』

プレミアム・エディション(2枚組)

スタンダード・エディション
ブルーレイ 4935円(税込み)
DVD 3990円(税込み)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング