「クマのプーさん展」が2019年2月9日(土)に開幕しました。

2019年4月14日(日)まで渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「クマのプーさん展」の魅力をご紹介します。

一生に一度! 貴重な原画が来日

この企画展は、「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」の原画を保有するロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)の企画展が来日したもの。

ディズニーアニメーションに対して「原作」と呼ばれるこれら2冊の歴史と、挿絵画家E.H.シェパードによる原画の数々を見ることができます。

プーの原画の企画展は、実に40年ぶり。

博物館では後世の人々も楽しめるよう保存期間を伸ばすため、2年公開すると10年は非公開にするルールがあり、次に表に出てくるのは最低10年後、いつになるか分かりません。

次のこのような企画展は40年後かもしれず、日本での展示はもう2度とないかも。

まさに「一生に一度の機会」(V&A展覧会担当部長アレックス氏談)。

本物の絵を生で見られる、本当に貴重な機会です。

プーの美しさを実感

鉛筆で描かれた原画は、プーたちの柔らかさ、100エーカーの森(百町森)の美しい風景など、繊細な描写をじっくり堪能できます。

シェパードの挿絵は、表情ではなく姿勢でキャラクターの感情を表現しています。

一枚の絵だけでプーたちの動きが見えてくるような美しい原画がいっぱいに並びます。

プーの家の玄関やプー棒投げ橋などフォトスポットもあります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます