プロスポーツ選手のプライベートレッスンがスマホで受講できるサービス

2015.8.4 19:12配信
動画を用いた「課題」「チャレンジ」「チェック」の3部構成のレッスンを提供

ソフトバンクグループで新規事業を手掛けるSBイノベンチャーは、スマートフォンやPCを使って、現役または元プロスポーツ選手やスポーツインストラクターなどのプライベートレッスンを受講できるサービス「スマートコーチ」の提供を9月に開始する。

登録しているコーチのプライベートレッスンを好きな時間に受講できるサービス。通常では指導を受けることのできないプロスポーツ選手などのなかから自分に合ったコーチを探し、場所・時間を問わず、個々に合わせたきめ細やかなレッスンを受講できる。

生徒に練習させたい動作のコツなどを紹介する動画「課題」と、これを見て練習した後に生徒が練習成果を撮影する動画「チャレンジ」、コーチが「チャレンジ」動画を矢印などマークの書き込みや音声を用いて編集し、練習成果に対するフィードバックやさらなるレベルアップのための指導を行う動画「チェック」の3部構成のレッスンを提供。コーチとのコミュニケーションに活用できるチャット機能も装備する。

レッスンは、サッカー、陸上競技、トライアスロン、アイスホッケー、ヨガなど幅広く提供する予定。男子4×100mリレー オリンピック銅メダリストの朝原宣治さん、トライアスロン オリンピック選手の西内洋行さん、元日本プロサッカーリーグ所属選手(Jリーガー)、福岡ソフトバンクホークスをはじめとしたプロ野球球団の元選手などもコーチとして協力する。レッスンの頻度や回数などのコース設計や料金設定はコーチが行う。

一方、スポーツ選手向けには、初期費用なしで簡単にスポーツレッスンを提供できるプラットフォームを提供することで、セカンドキャリアを支援する。今後は、ヤフーのグループ会社、ワイズ・スポーツが運営するスポーツ総合サイト「スポーツナビ」とコンテンツ提供などの連携も検討していく。今回の「スマートコーチ」は、ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化する新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から生まれたサービス。現在、「スマートコーチ」サービスを運営する会社の設立を検討している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング