長州力、自分の人生本に驚き 「こんなことまでしゃべったかな?」

2015.8.6 16:5配信
プロレス好き書店員たちに囲まれた長州力(中央)

 プロレスラーの長州力が6日、東京都内で行われた、『真説・長州力1951-2015』ベストセラー祈願決起集会に出席した。

 この本は、幼少期の苦悩から、ミュンヘン五輪、かませ犬事件、黒歴史WJプロレス崩壊の真相、そして現在に至るまでを赤裸々につづったノンフィクション作品。

 この日、プロレス好き書店員たちの長州コールに迎えられて「暑い中本当に感謝です。プロレスファンの方にも一般の方にもたくさん読んでいただきたい」と低姿勢でアピール。今後の野望を問われるも「ないです。自分の生活はワンパターンなんで」とあっさり語っていた。

 そもそも長州は「僕はあまり自分を語ったり、しゃべるのがつらい。めんどくさくなっちゃうし、お前たちに俺の何が分かるんだって思う」という考えの持ち主。それでも、著者である田崎健太氏を初めて紹介された時には「先生もお酒が好きということで、いい雰囲気になって…」と徐々に信頼関係を構築していったという。

 飲み屋での2年間にわたる取材を経て、仕上がった原稿を確認した長州は「自分自身でも驚いた。本当にこんなことまでしゃべったかなというぐらい」とその内容の深さにびっくり。酔いも手伝い「記憶にないことまで書かれている。一緒に飲んでいたのに、先生が飲んでいたのは水だったのでは?」と笑い飛ばした。

 また、同席した田崎氏はそんな長州の人柄について「シャイで優しい方」とコメント。リポーターから「やっぱり優しいですよね!?」と振られた長州は「キレますよ!?」と反応し、笑いを誘った。

 一方、滑舌の悪さでも話題となっている長州だが「何かの番組に出た時に言われて、気になって友人に聞いてみたら『普通だよ』と言うし…」と困惑気味。「今日は聞き取れる」というリポーターに対し、「お酒が入るともっとなめらか」と和やかに語っていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング