男子7人制ラグビー日本代表が3月・4月に香港、東京大会へ参戦

2012.3.15 16:28配信

日本ラグビーフットボール協会は3月14日都内で会見し、3月23日(金)から開催の「HSBC セブンズワールドシリーズ 香港大会」に出場する男子7人制ラグビー日本代表メンバーを発表した。

「東京セブンズ 2012」開催情報

来季からワールドシリーズに常時出場できるチームが12チームから15チームに拡大。香港大会は増えた3枠に日本が入るためにも負けられない大事な大会で、7人制日本代表の村田亙監督は「目標は香港で優勝すること」と力強く宣言した。

当日は、3月31日(土)・4月1日(日)に開催される「HSBC セブンズワールドシリーズ 東京セブンズ 2012」の大会概要もあわせて発表。100インチモニターで試合観戦できる多目的スペースの設置や、子どもたちによる「ゴールキックコンテスト」など観客が参加できる多数のイベントを用意し、大会を側面から盛り上げていくことをアピールした。

■HSBC セブンズワールドシリーズ 東京セブンズ 2012
3月31日(土)9:30~ 予選プール/24試合
4月1日(日)9:00~ 決勝トーナメント/21試合
会場:東京・秩父宮ラグビー場
出場予定チーム:ニュージーランド、南アフリカ、イングランド、フィジー、サモア、オーストラリア、ウェールズ、アルゼンチン、ケニア、フランス、スコットランド、アメリカ、ポルトガル、ロシア、香港、日本

いま人気の動画

     

人気記事ランキング