「こどちゃ」舞台化!主演に小椋梨央、奥田こころ

2015.8.10 18:00配信
(左から)主人公の倉田紗南役を務める小椋梨央、奥田こころ (左から)主人公の倉田紗南役を務める小椋梨央、奥田こころ

「ダブルキャストだからこそ、同じ役の稽古を自分のことのように見てほしい。もしもの場合、すぐ代わりに役として入れるくらいのつもりで参加してください」。放たれたのは演出家の「役者」に向けての真っ直ぐな言葉──それは、ある夏の日、りぼん60周年記念公演 舞台『こどものおもちゃ』の稽古場でのこと。

【チケット情報はこちら】

脚本・演出を務めるのは本作のアニメも手がけた大地丙太郎。主人公で、小学6年生の人気子役タレント・倉田紗南には小椋梨央と奥田こころ、なにかと彼女に反発する同級生で問題児・羽山秋人には相澤侑我と板垣李光人と、いずれも舞台や映画で活躍中の子役が挑む。

原作は今年、創刊60周年を迎える月刊少女漫画誌「りぼん」(集英社)で1994年から連載、人気を博したこどちゃこと「こどものおもちゃ」。描かれるのは学級崩壊や大人たちによる抑圧や家族の断絶に、子どもたちが全力で体当たりする姿。なかでもTVアニメ最終話での「しっかりしてよね、大人!」という紗南ちゃんの言葉に心掴まれた人は多いはず。

稽古はシーンごとに小椋梨央主演の「ばびっと組」と奥田こころ主演の「まろちゃん組」の交互で行われ、演出家の指示に応える者、自身の脚本にメモを書き込む者と、私語ひとつ無く真剣な空気が流れていた。

とはいえ微笑ましい一幕もあった。演出家自ら、紗南ちゃんになりきって実演するおどけた動きや、タレント仲間の宇宙人アイドル・CHaCK-UPのメンバーの愉快な掛け合いに笑いが起こる。和気あいあいと進むなか、みんなのお兄さん的存在は紗南ちゃんのヒモ(!)にしてマネージャーの相模玲を演じる山本一慶だ。第一声から誰よりもデカイ声でセリフを言い、ダブルキャストの相手役それぞれの質問に答え、演出家の指示をいち早く受け、周りに見えるように「こんな感じ?」と動き、先輩としての背中を見せていた。

冒頭、登場人物紹介の場面では全員が自分の役をアピールすべくその場で動きを考えてはキャラクターをふくらませ、恋人同士の三屋先生役と田中先生役の八木菜々花と平井浩基はイチャ付き(笑)、紗南の母で作家の実紗子を演じる三石琴乃は早くも役に徹して実紗子と同じ着物姿で参加、羽山の父で企業戦士の冬騎を演じる本郷弦は大真面目な顔で淡々とアドリブを放り込み笑いを誘う……そこにあるのは、競い高め合うすてきなカンパニーの姿。果たして、どんな魅力的なこどちゃが誕生するのか、わくわくする稽古場だった。

舞台『こどものおもちゃ』は8月20日(木)から30日(日)まで、東京・銀座 博品館劇場で上演。チケットは発売中。

取材・文:おーちようこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング