来日版『シカゴ』で夢叶える湖月わたるの熱き想い

2015.8.19 15:5配信
湖月わたる 湖月わたる

元宝塚星組トップスターの湖月わたるが、12月の来日公演『シカゴ』にアメリカカンパニーの一員として出演を果たす。シカゴSPマチネ(8公演限定)での出演ながら、ブロードウェイ版キャストとの共演は快挙。元ヴォードヴィルダンサーのヴェルマ・ケリー役を全編英語で演じる。

ブロードウェイミュージカル「CHICAGO」 チケット情報

湖月は2012年『DANCIN' CRAZY 2』のダイジェスト版で同役を演じ、2014年には宝塚OGバージョン『シカゴ』で全編ヴェルマを演じ切った。その努力が素晴らしい形で実ったのだ。今作は連続テレビ小説『マッサン』のシャーロット・ケイト・フォックスが悪女のヒロイン、ロキシー・ハートを演じるのも話題。来日公演が決定したとき、「『私も参加したい!』と心がザワザワしちゃったんです」と明るく話す。

女性だけで堂々と演じたOGバージョン。実はその前から週1回を目標に英会話教室に通い、英語で歌や台詞を覚えていた。「ヴェルマの英語の使い方に彼女の性格が見えて、役作りでの発見が多かった。あちらのスタッフの方に『英語を話せることが世界に出る大きなカギなんだよ』と言われて夢が膨らみました。私は昔から頑張っていれば誰かが見てくれていると信じ、諦めないでいろんな準備をしておくことを大切にしてきたけど、英会話教室の門を叩いたことが今回大きな後押しに。そうでなかったらヴェルマ役に手を挙げられなかった。こんな人生を賭けられる経験ができて“奇跡”ですね」と屈託なく笑う。

ロキシーとヴェルマを中心に、虚飾と退廃に満ちた世界観の中で名ナンバーが繰り広げられる『シカゴ』。トニー賞にも輝きブロードウェイ歴代2位のロングランを記録する名作を、湖月は何十回も観劇している。「罪を犯してでものし上がる!という女性の、がむしゃらに生きる姿に勇気づけられ、毎回最後はハッピーな気分に。出演したときはクリエイティブスタッフの方たちの、ボブ・フォッシーさん(初演版演出・振付)への愛が詰まっていることに感動しました。フォッシー・スタイルは“シンプル・イズ・ザ・ベスト”、10を1の動きで見せるセクシーな魅力が。私はバレエのバーレッスンや、身体の部分部分を動かす“アイソレーション”などでインナーを鍛えました」。

身体に染みついているヴェルマ役だが、今回来日版のキャストといつ合流できるか未定で「そういう意味でもプロの厳しさをかみしめています。共演する大澄賢也さんは『シカゴ』を知り尽くしているので頼りにしています」。ロキシーと敵対しながらも手を組もうとするヴェルマ。長身でパワフルな湖月にはぴったりな印象だが、タフなだけではないヴェルマを模索中だ。「実は根はピュアで可愛い人だと思います。冒頭のナンバー『ALL THAT JAZZ』はとにかく格好よく、あとはどんどん叩かれて不器用に生きる姿をお客様が応援したくなるようなヴェルマを演じたいです」。

公演は12月4日(金)から23日(水・祝)まで東京・東急シアターオーブ、12月26日(土)から27日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。チケットは発売中。

取材・文:小野寺亜紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング