アラサー女子は要注意! 「イタい女」認定されてしまうNG行動5つ

いくつになってもキレイで可愛く、素敵な女性でいたいものですよね。でも、アラサー女子の場合、あまりにも熱を入れすぎるとその頑張りが“イタさ”になってしまうこともあります。今回は、アラサー女子が気をつけるべきことについてお話しします。

いくつになっても“かわいく”“キレイに”“素敵な”女性でいたいものですよね。だからこそ、日々、がんばるわけですが、30歳を越えると、その頑張りが“イタさ”になってしまうことも……。

筆者は、20代前半から70代(もしかしたら80代)の女性が、同じ空間で、女性らしさを武器に闘う銀座のクラブにおいて、若くはないのに、大人の女性としてはまだまだ……という微妙なお年頃の30代の“イタさ”を感じることがあります。

今回はそんな経験をもとに、アラサー女子が気をつけるべきことについてお届けします。

肌の露出が20代と同じ”ヤバさ”

どんなにスタイルがよくても、体のたるみや、肌のくすみが隠せなくなってくる30代。でも、自分の体が、ゆる~くなっていて、肌の色がどんよりしている事実に、本人は気付いていない。それは多分、微妙な変化だから。でも、20代とは、明らかに体が違う……。

そんな、”たるみ”や”くすみ”が出始めた体を露出させるなら、その面積や場所はじっくり検討するべきです。周囲にとっては、肌の見せ方がイタさに映ることがあるのです。

おすすめな肌見せが、背中出し30代後半の銀座ホステスさんが、背中がたっぷり開いたドレスを着ている姿は、胸や足を出しているよりも何倍も魅力的に見えます。それは、背中は、胸やお尻などに比べて、比較的、加齢が表れにくいからという側面があるから。

背中見せは、ショートパンツを履いて、たるんだふとももを見せるより、下がりはじめたおっぱいを強調するより、大人の魅力をアピールできます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント