プロジェクターに「ハローキティ」デザイン、ホームシアター向けで、リコー

2015.9.3 17:27配信
ホームシアター向けプロジェクター「RICOH PJ HDC5420HK」。フルハイビジョン対応の高画質な映像投写機能を搭載する

リコーは、サンリオの「ハローキティ」とコラボレーションしたプロジェクター「RICOH PJ HDC5420HK」を「ハローキティ」の誕生日11月1日に発売する。価格はオープンで、リコーイメージングオンラインストアでの税別価格は12万8000円。

本体の外装に立体的な赤いリボンをあしらった「ハローキティ」デザインのプロジェクター。映像が投影されるまでのオープニングスクリーンもキティバージョンになっている。予約受付は9月9日からリコーイメージングオンラインストア、サンリオオンラインショップ、リコーイメージングスクエア(新宿・銀座・大阪)で開始する。サンリオ直営店の一部限定店舗でも販売する予定。限定1000台を日本と中国で販売する。

コンパクトなボディでフルハイビジョン対応。色再現性に優れ、ホームシアター用途に適している。投写画面サイズは30~300型。投写距離は0.7~9.6m。明るさは2500lm、コントラスト比は9000:1。インターフェースは、ミニD-sub 15 ピン×1、HDMIタイプA×2、RCA×1、ミニDIN 4ピン、3.5mmステレオミニピンジャック×1。10Wスピーカー(モノラル)を内蔵し、音声出力が可能。

サイズは、幅314×奥行き224×高さ92mmで、重さは約3.0kg。キャリングケースや専用ケースが付属。希望者には、トップカバーを4種類のなかから1枚プレゼントする。好みに合わせて着せ替えができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング