「よしもとに入ろうかと思った」風間杜夫、芸人と映画で共演。

2012.3.26 18:6配信
『初夜と蓮根』に主演した風間杜夫

第4回沖縄国際映画祭・長編プログラムLaugh部門出品作品の『初夜と蓮根』が26日にワールドプレミア上映され、主演の風間杜夫をはじめ、ほっしゃん。、テンダラーの浜本広晃と白川悟実、ぼんちおさむ、モンスターエンジンの西森洋一と大林健二、山口正紘監督の8人がそろって舞台あいさつに登壇した。

その他の写真

『初夜と蓮根』は、一見幸せそうに見える家族が、娘のあるひとことをきっかけに、本当の幸せと絆を見つけるために問題と向き合う姿を描いたホーム・コメディ。劇作家・演出家の土田英生の舞台脚本を映像化したもので、数多くの番組ディレクターを歴任し、現在は『ごきげん!ブランニュ』のチーフディレクターをつとめる山口正紘がメガホンをとっている。

ほっしゃん。、ぼんちおさむ、テンダラー、モンスターエンジンといった吉本所属の芸人が多く出演することもあり、主演の風間は「僕は、東京では無口でシャイな男なんですが……なんでやねんっ! 大阪に来たらペラペラようしゃべるんやワシが! ええ加減な関西弁で(笑)」とハイテンションにあいさつ。「あまりに楽しくて、よしもとに入ろうかと思ったほどです。芸人さんたちが大好きになりました!」と、笑顔で共演の感想を伝えた。

大御所芸人のぼんちおさむは「僕の名前は……うっ、うっ、ううっー!」というフリのあとに、自身のヒットギャグ「おさむちゃんで~す」で笑いをとるのかと思いきや「えっ、ほんまかいなー! それでもつながってんの!? という、(まるで)アダムとイブが出てきた気持ちになるような、今話題のスカイツリーの20センチ上を乗り越えたような、そんな純愛映画です。今年60歳ですが、60年のなかで一番びっくりしたのがこの映画です」と、笑いをまじえながらも映画のテーマの深さを力説した。

風間も「おさむ師匠がおっしゃったように、心があったかくなる映画です。当たり前のように過ごしてきたことが、実は当たり前ではなく、(壁にぶつかった家族がそこから)一歩踏み出そうとする姿が実に切なく愛おしく描かれています」。風間はどこか抜けている父親役をコミカルかつペーソスたっぷりに演じている。また、彼の妻役を麻生祐未が、娘役を市川由衣が演じるなど、脇を固める実力派女優との共演もみどころだ。

第4回沖縄国際映画祭
3月31日(土)まで開催

いま人気の動画

     

人気記事ランキング